トップページ > 伝統文化教育

伝統文化教育

伝統文化教育(かしわタイム)について

  本校では、伝統文化に関わる体験活動を通して、伝統文化に興味・関心をもち、日常生活に活かそうとする態度を身に付け、伝統文化を尊重する心を育てることを目指しています。

今年度のかしわタイムの取組

 今年度の伝統文化教育について紹介します。 

 

2学年 

IMG_4893.jpg  正座の仕方
  
 
座ったときの美しい姿勢として正座の仕方を
学びました。
正しい姿勢で座ることは、健康面にもよさが
あります。 
 IMG_4894.jpg 座礼の仕方
 
 
座礼は礼をする相手によって様々な仕方が
あります。
相手に応じた正しい座礼の仕方を学んで
います。 

3学年 

3年生かしわタイム1  教室への入室・退室の仕方
 

礼三息を心掛けると共に、目上の人への
敬語での話し方についても学びました。
心を落ち着けてノックをするように心掛ける
ことも大切にしています。 
 IMG_0131.jpg 礼三息による立礼の仕方


本校では、おじぎは「相手に対する敬意を
心から示す動作」であることを意識して、
相手に合わせて礼をすることの大切さを
伝えています。 

これまでのかしわタイムの取組

 伝統文化教育の取組は、平成17年度に「新『温故知新』主義―『温故知新』から『温故創新』へ―」を学校経営の基本方針とした第37代校長 加藤精一先生のときから始まりました。研究の最終年度の研究の方針やまとめについては、下のPDFファイルでご覧ください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。