コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 健康と福祉 > 高齢の方 > 認知症 > 認知症サポーター養成講座

認知症サポーター養成講座

更新日:2019年05月24日

あなたも認知症サポーターになりませんか?                             

認知症サポーターってなに?                                                     

 「認知症サポーター養成講座」を受けた人が「認知症サポーター」です。

 特別に何かをやってもらうものではありません。
 「認知症サポーター養成講座」で認知症を正しく理解してもらい、認知症の方や家族を温かく見守る応援者になってもらいます。
 自分のできる範囲での活動でかまいません。
 たとえば、認知症の方や家族の気持ちを理解するよう努める、隣人あるいは商店・交通機関等、まちで働く人として、できる範囲で手助けをする、など活動内容は人それぞれです。
 

認知症サポーター養成講座ってどんなことをするの?

 テキストやDVDを用いた90分程度の講座です。

 講師は“キャラバン・メイト”といって、地域包括支援センターや介護施設・事業所、行政等の職員で、認知症の相談・介護に携わり、講師になるための養成研修を修了している方です。

 なお、認知症サポーターには認知症を支援する「目印」として、ブレスレット(オレンジリング)をつけてもらいます。この「オレンジリング」が連繋の「印」になるようなまちを目指します。

 

申込み方法は?

 10名程度以上の受講者が集まったら、希望日時・実施場所・参加人数等を下記までご連絡いただくか、お近くのキャラバン・メイトに直接お問合せください。

 
  
  認知症サポーターキャラバン
  

関連リンク

このページへの問い合わせ

部署名:健康部 介護保険課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
保険料担当 2445
資格・介護用品担当 2444
保険給付担当 2442
高額介護担当 2439
地域密着担当 2436
介護予防担当 2437
訪問指導担当 2438
認定申請担当 2433
認定調査担当 2434

担当グループ名

地域支援グループ 内線2437