コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 各種計画 > SDGs(持続可能な開発目標) > SDGs(エスディージーズ)17のゴール > 目標16 平和と公正をすべての人に

目標16 平和と公正をすべての人に

更新日:2021年4月8日

SDGsロゴ(横)+ATOM


目標16

紛争やテロリズム、組織犯罪や暴行、DV、虐待など、世の中にはさまざまな暴力があります。世界では、今、この瞬間もどこかで紛争や戦争などの争いごとが起きています。
紛争のある国や地域で暮らす子どもたちは約4億2,000万人。紛争や迫害などで住む場所を追われた、世界の難民や避難民は約7,000万人にのぼります。

日本でも詐欺犯罪の巧妙化や、暴力・虐待の問題も後を絶ちません。

誰もが安心して暮らすためには、暴力や虐待のない平和な社会づくり、法によって守られる公正な社会づくりが求められます。

 

ターゲットの主な内容

  • あらゆる場所で、暴力や暴力による死亡率を大幅に減らす。
  • 子どもに対する虐待、搾取、人身取引、暴力、拷問を撲滅する。

市の取り組み例

要保護児童対策事業

子どもの安全確認を第一に、児童相談所および警察などの関係機関と連携しながら、要保護児童などに対する適切な支援を行います。


ほかにも・・・
・虐待防止センター事業、青少年健全育成事業など

 

 

わたしたちにできること

争いや暴力のない平和な世の中にしよう

  • 暴力や虐待をなくすために何ができるか考えてみましょう
  • 犯罪を未然に防ぐため、日頃から防犯対策を心掛けましょう
目標16(わたしたちにできること)



目標16

このページへの問い合わせ

部署名:復興政策部 SDGs地域戦略推進室
電話番号:0225-95-1111
内線番号:4223