コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 各種計画 > SDGs(持続可能な開発目標) > SDGs(エスディージーズ)17のゴール > 目標11 住み続けられるまちづくりを

目標11 住み続けられるまちづくりを

更新日:2021年1月18日

SDGsロゴ(横)+ATOM



目標11

包摂的で安全かつ強靱(レジリエント)で持続可能な都市および人間居住を実現する

現在、世界人口の半分以上が都市部で暮らしています。その数は、今後ますます増えると考えられており、2050年には世界の3分の2の人が都市部に住むと予想されています。

便利で住みやすい都市が必要とされる一方で、交通渋滞やごみの大量発生、インフラの老朽化など、都市化に伴って生じる問題も多くあります。

今後も、人々が住み続けられる都市にするためには、これらの課題を解消し、安全な住宅や移動手段の確保、大気汚染などの環境悪化の軽減、自然災害による被害の抑制などを実現していく必要があります。

 

ターゲットの主な内容

  • 全ての人が安全で安価な住宅に住み、基本的なサービスを受けられるようにする。
  • 災害による被災者や経済損失を大幅に減らす。

市の取り組み例

自主防災組織機能強化事業

 自主防災組織が必要な防災資機材などの購入を支援し、組織の防災力の向上と育成推進を図ります。


ほかにも・・・
 ・木造住宅耐震診断事業、・地域公共交通運行維持対策事業、・ごみ減量・資源化事業など

わたしたちにできること

  • 自分が住んでいる身近な地域や市全体について見つめ直し、どんな魅力があるか、そしてどうしたらもっと住みやすくなるか、みんなで話し合ってみましょう。
  • いつどこで発生するか分からない災害に備え、「公助」のほか、一人一人が「自助」、「共助」の意識を持ち、日頃から災害に備えましょう。

 

アトム11

このページへの問い合わせ

部署名:復興政策部 SDGs地域戦略推進室
電話番号:0225-95-1111
内線番号:4223