コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市政情報 > 各種計画 > SDGs(持続可能な開発目標) > SDGs(エスディージーズ)17のゴール > 目標1 貧困をなくそう

目標1 貧困をなくそう

更新日:2021年1月18日

 

SDGsロゴ(横)+ATOM


目標1

あらゆる場所のあらゆる形態の貧困を終わらせる

世界には、生きていくために必要最墘限の生活ができない「絶対的貧困」に苦しむ人が大勢います。豊かな日本では身近に感じる人は少ないかもしれませんが、貧困は途上国だけの問題ではありません。

日本は、貧困のもう一つの考え方である「相対的貧困(その国の平均水準よりも経済的に貧しい状態の貧困)」の比率が他の先進国と比べて高く、特に一人親世帯の貧困率は50%を超え、深刻な問題になっています。

 

ターゲットの主な内容

  • 極度の貧困(1日1.25ドル(約135円)未満で生活する人々)をあらゆる場所でなくす。
  • 貧しい人も、生きていくために必要な基礎的サービスなどが受けられるようにする。

市の取り組み例

生活困窮者自立支援事業

経済的に生活の維持が困難となる可能性のある方などに対して、就労その他の自立に関する支援をします。

ほかにも・・・
 ひとり親家庭等自立支援給付金事業、 生活保護事業、子どもの貧困対策事業など

わたしたちにできること

 さまざまな理由で捨てられる食品を困っている人などに届ける「フードバンク」活動など、貧困家庭を支援する活動に協力しましょう。

アトム1

このページへの問い合わせ

部署名:復興政策部 SDGs地域戦略推進室
電話番号:0225-95-1111
内線番号:4223