トップページ > 大原っ子の活動の様子

大原っ子の活動の様子

大原っ子ブログのサイトへ(外部サイト) 


 

R2.10.10  令和2年度 学芸会!

 今年の学芸会テーマは,「笑顔と拍手で乗り越えて みんなで楽しむ学芸会」まさにコロナ禍の環境を乗り越えて,大原っ子が素敵な演技を披露しました。

 5月開催予定だった「学区民大運動会」が中止となり,保護者地域の皆様に披露する大きな行事は,今日の学芸会が初めてです。昨年度は全校劇を行いましたが,長い臨時休業のため時数確保のため基本スタンスは,通常の授業内容の発表にしようと,演技は学級ごととしました。でも全校合唱や,鼓笛,大原っ子ソーランなど全校児童で取り組む演技も多くあり,なかなか充実した学芸会にすることができました。

 どの演技も子どもたちが一生懸命行い,とても輝いていました。本日ご来場いただきました保護者の皆さま,地域の皆さまに改めて感謝申し上げます。

▽1・2年生による「はじめのことば」とても元気いっぱいでした。

▽全校合唱「世界中の子どもたち」


▽1年生「できるようになったよ」歌・ダンスとなわとびを披露しました。

▽たんぽぽ・ひまわり学級「三枚のお札」和尚さんと小僧のやりとりがおもしろかったです。

▽3・4年生 「A Big Turnip」おおきなかぶの英語劇

▽5・6年生 落語「まんじゅうこわい」

▽鼓笛演奏

▽大原っ子ソーラン さいしょに大原浜のこども神輿を担ぎました。

▽5・6年生 おわりのことば 

R2.10.1  お話集会 コロナの差別や偏見

 今日から10月,秋もどんどん深まってきています。月初めの校長からのお話集会です。今日の内容は,新型コロナウイルス感染症による誹謗中傷,差別は絶対にいけないことをお話しました。

 〇女の子が かぜをひいてしまいました。おうちの人やお友達も心配しました。かぜがなおり,学校の先生もお友達もよろこんでくれて,一緒にまた遊んでくれました。

  ↓ でも

 〇男の子が コロナウィルスに感染してしまいました。お医者さんたちが一生懸命になおしてくれました。そして元気になって 家族もよろこんでくれました。ところが,学校に行こうとしたら・・・友達からいじめられました。「学校に来ないで」「コロナうつるからあっちいけ」

  ↓ なぜ かぜとは違って男の子はいじめにあったのでしょうか?

6年女子の意見:「かぜと違ってコロナは怖い病気だから・・」

  そうです。コロナへの「怖さ」「不安」がそうさせてしまっているのです。でも いいのでしょうか?

 その後,ある男の子のお母さんが看護師ということで,学校の友人たちから,避けられたり,無視されたりして悲しい思いをしてしまうというイラストのストーリーを示しました。コロナに誰も感染もしていないのに差別されることもあるのです。

 最後に「コロナウィルスの ことで いじめたり なかまはずれに したり することは ぜったいに いけません!」とまとめました。

 子どもたちには,コロナに関してだけでなく日頃からお友達を大切に思う気持ちを持たせていきたいと考えています。

<参考資料>

・東京都教職員研修センター:新型コロナウイルス感染症に関連する偏見や差別意識の解消を図る指導資料『止めよう差別の感染 広めよう感謝の心』

・東京都教育委員会:考えよう!いじめSNS@Tokyo まるでウィルスみたいに・・・。

R2.9.30  3校合同産業学習 ミラクルクッキング!

 昨年度の産業学習は,牡鹿半島の漁業をホヤ養殖の現場に行ったり,海産物の工場に行ったりして学習をしましたが,今年はコロナ禍のため,訪問することを控えました。その代わり,石巻市市内でご活躍されているイタリアンシェフ,カレー店の方,日本料理をされている方に講師になっていただき,牡鹿のおいしい海産物を使った調理体験を行いました。

 今日の食材は,アナゴ,ホヤ,サバ,ワタリガニです。それをグループに分かれて,ピザ,カレー,グラタンにしました。子どもたちの保護者が漁業に携わっている家庭が多い中,「僕はホヤが苦手です。」「わたしは,牡蠣がだめです。」「ウニが嫌いです。」などの意見が多くありました。しかし,今日,自分たちで牡鹿で採れた新鮮な海産物を調理し,出来上がった料理を食べて,その先入観や苦手意識は変化したようでした。

 地域の自然,産業,食材がすごくいいものであることを再認識してくれたのではないかと思います。

 ご協力いただきました,シェフの皆さま大変ありがとうございました。また,アナゴなどの食材を提供していただきました宮城県漁協表浜支所様に感謝申し上げます。

▽ピザの生地を棒で伸ばしています。丸くするのが難しい・・

▽グラタンには,ハモやホヤを入れました。

▽カレーにはホヤとアナゴをフライしました。

▽おいしそうに出来上がりました。

▽みんなで「いただきます!」

R2.9.14  小中合同 引き渡し訓練実施しました

 災害発生の想定のもと、保護者への児童の引き渡し訓練を行いました。今日は牡鹿地区の小中学校が14時から15時30分までの間、一斉に児童生徒の引き渡し訓練をしました。小中が一緒に訓練することにより、小学校と中学校にお子様がいる家庭にとってもよい訓練になることをねらいとしてます。学校にとっても、保護者への連絡体制や児童の待機のさせ方、保護者の車の誘導や引き受け者の確認方法などの訓練となりました。
  訓練開始の14時すぎには保護者の方にお迎えに来ていただきました。全校児童は15時には全員が引き渡し完了しました。
  いつでも備えを十分にしていきたいと思います。保護者の皆さまご協力ありがとうございました。


R2.8.20  今日から2学期がスタート!

 短い12日間の夏休みが終わり,今日から2学期がスタートしました。そして,今日から大原っ子の新しいメンバーが2名加わり,全校児童20名となりました。今日は20名が元気に登校しました。とても暑い日でしたが,教室のエアコンを上手に使いながら,2学期のめあてや係などについて学習・話し合いました。

 2名の転入児童を紹介した後,第2学期始業式を行いました。予定では体育館でしたが,熱中症対策により,エアコンのきいている高学年教室で行いました。

 校長から,2学期は学芸会や持久走大会,延期した修学旅行などの行事があります。1学期にはあまり行事ができなかったので,おおいに楽しんで学校生活を送ってください。コロナによる臨時休業では,お友達に会えずに寂しい思いをしました。友達と会える幸せ,学校で生活できる幸せを感じながら過ごしましょう。と話がありました。

2学期始業式

R2.8.7  第1学期終業式 明日から12日間の短い夏休み

  日第一学期の終業式を行いました。昨年度の1学期は67日間でしたが,今年は夏休みを短くしたにもかかわらず4月5月の臨時休業のために53日という短い1学期でした。夏休みも昨年は36日ありましたが今年はその3分の1の12日間だけです。でも子どもたちには,少しでも夏休み気分を味わってほしいなと願っています。(コロナの影響でなかなか難しいかもしれませんが‥‥)

 校長からは,大きな行事が中止になった中,子どもたちが勉強や運動にとてもがんばった1学期だったこと,各学年目標にむけてよく努力していたことを話しました。

1学期終業式

R2.7.20  「おしかホエールランド」の内覧会に参加しました!

  7月22日(水曜日)に,おしかホエールランドが開館します。今日はそのプレ内覧会として,牡鹿の幼小中の子どもたちが一足早く展示物を見せていただきました。

▽入館すると大きなマッコウクジラの骨格標本がお出迎えです。クジラ博士に説明を受けました。
ホエールランド

R2.7.17  牡蠣養殖体験(からこさし・種ばさみ)

  牡鹿半島にある本校の「大切にしたい行事」の一つである「牡蠣養殖体験」を3年生以上を対象に行いました。牡蠣の養殖をしている保護者様お二人に,講師としてご協力をいただきました。3年生と4年生は,「からこさし」の作業を体験しました。穴を開けたホタテ貝を長い針金に通していく作業です。何十枚も間にプラスチックの輪を入れながら通していきます。5年生と6年生は,昨年からこさしのできたものを牡蠣の赤ちゃんがいる海に投入して1年経過したものを,縄に挟んでいきます。この作業が「種はさみ」です。その後,大原漁港に向かい,種はさみをしたものを船にのって投入です。船も保護者の方に出していただきました。 牡鹿の子どもたちには,牡鹿の産業である漁業のことを知り,誇りに思ってほしいと思います。
からこさしの様子1 からこさしの様子2種はさみの様子1種はさみの様子2船に乗って大原浜から海へ投入



R2.6.18  1年生をむかえる会

  例年より2ヶ月近く遅れて,「1年生をむかえる会」が行われました。楽しくドッジビーで遊んだり,上級生から鼓笛演奏の披露があったりと,1年生にとってはワクワクの時間だったと思います。インタビューコーナーでは,学校で楽しみなことや将来の夢について話してくれました。3人のこれからの活躍が楽しみです。
1年生をむかえる会


R2.6.1 今日から学校再開

  長かった臨時休業が終わり,今日から通常の学校再開です。遠隔授業や分散登校で慣れてはいましたが,全校児童がそろうのは4月14日ぶりです。  朝,放送による朝会で校長から学校再開にあたり話をしました。これからの学校生活でコロナウイルス感染症対策で気を付けることをイラストとともに説明しました。  どの学級も勉強に意欲的に取り組む姿が初日から見ることができていいスタートが切れました。
buranko.JPG


R2.5.19 分散登校

  昨日から,分散登校が始まりました。2日目のこの日は、大雨警報が出るほどの悪天候でしたが,登校予定の子どもたちが朝元気に登校しました。お出迎え用に掲げた大漁旗はあいにく雨と風でぐしゃぐしゃでしたが,子どもたちは久しぶりの学校に嬉しそうでした。
bunsan.JPG


R2.4.23 オンライン遠隔授業スタート

  今日から,本格的に遠隔授業(インターネットを使った双方向の授業)を開始しました。新年度新しく勉強する算数をデジタル教科書を共有しながら進めていきます。音声が最初聞こえないなど,まだ慣れないところもありましたが,児童の自力での家庭学習には限界がありますので,今後の臨時休業延長の可能性もある中,遠隔授業を取り入れていきたいと思います。
online2.JPG


R2.4.8 着任式・第1学期始業式

  4月の異動で新しく大原小学校にお迎えした先生方の着任式及び始業式を行いました。始業式では,「新型コロナウイルス感染症のことで大変だけれども,悩んだりしたらすぐに先生にお話しよう,また今だからこそお友達にやさしくしよう。新しい教科書をもらい改めて「勉強いっぱい」のスタートにしよう。」と校長からお話をしました。今年度は18名の児童でスタートです。
R2始業

R2.4.8 令和2年度入学式!

   晴天の春らしい,そして桜の満開の中,入学式を行いました。今年の新入生児童は3名です。元気いっぱいの入学児童です。  式では,担任の先生の呼名に大きな声で返事をしたり,祝い品を受けとる姿勢が立派だったり,大変素敵な新入生です。  保育所でも大活躍した3人なので小学校でも1年生から勉強に運動に頑張ることと期待しています。
nyuugakushgiki.png