コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 健康と福祉 > 子育て > 児童手当・子ども手当、医療費助成、貸付 > 子ども医療費助成事業

子ども医療費助成事業

更新日:2021年4月28日

子ども医療費助成制度とは

 お子様が医療保険により医療機関等を受診した場合、かかった医療費(保険適用分)のうち、義務教育就学前は2割、小・中学生は3割を自己負担分として支払う必要がありますが、この自己負担分を助成する制度です。
 助成を受けるためには子ども医療費助成受給者証の交付を受け、医療機関等を受診する際に保険証と一緒に受付窓口に提示していただきます。
 入院時には受給者証の他に、加入している健康保険から「限度額適用認定証」の交付を受け、受給者証と併せて医療機関に提示してください。

助成対象者

0歳から中学3年生 入院・通院 所得制限なし

(15歳に達する日の属する年度の末日まで)
 

子ども医療費助成受給者証は、毎年10月1日が更新日です。

子ども医療費助成受給資格登録(更新)の手続きについて

登録手続き

市内に住所を有する、15歳までのお子様の保護者は受給資格の登録申請が必要です。(生活保護を受けている方は手続き不要)

申請方法

保険年金課、各総合支所市民福祉課、各支所の窓口で申請していただくか、申請書を郵送で提出してください。

  • 郵送で申請する際は申請書に必要事項を記入の上、健康保険証の写し(お子様の名前が入ったもの)等を同封してお送りください。
  • 申請書に押印欄がありますが、押印は不要です。


手続きに必要なもの

  • 来庁される方の本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等)
  • 健康保険証(お子様のお名前が入ったもの)

(注)

  • 義務教育就学前のお子様をお持ちの方で、1月1日現在、市に住所を有していない保護者の方は、前住所地からの(非)課税証明書または源泉徴収票等の所得確認書類の写しが必要です。
  • 所得状況を確認することに同意されない方も(非)課税証明書等の提出が必要です。

郵送先

〒986-8501〔住所不要〕石巻市保険年金課給付グループ

 

更新手続き

  1. 義務教育就学前のお子様…当初登録時に所得状況を確認することに同意した場合は、原則、手続きの必要はありません。該当年度の所得状況を確認し、9月下旬に受給者証を送付します。当初登録時に所得状況を確認することに同意しない場合は、8月中旬に申請書を送付しますので、必要事項を記入の上、申請してください。
  2. 義務教育就学後のお子様…原則、手続きの必要はありません。9月下旬に受給者証を送付します。

(注)

  • 受給資格に所得制限はありませんが、財源の一部を宮城県補助金で充当しており、同補助金制度では、義務教育就学前のお子様をお持ちの方の所得判定を行うため、該当する方は所得の確認が必要となります。
  • 義務教育就学前のお子様をお持ちの方は、所得状況の確認に同意されていても、転入により他市で課税されている場合や所得が未申告であるなど、市の公簿等で所得が確認できない場合は(非)課税証明書等の提出が必要となります。その場合には通知を送付します。
     

受給資格の喪失について

 受給者証の有効期間を過ぎたとき、お子様が石巻市外に転出したとき、生活保護を受けるようになったとき、更新手続きが必要な場合に手続きをしなかったときなどは受給資格がなくなりますので、以後は助成を受けられません。

(注)資格が変更または喪失している状態で不正に本制度による医療費助成を受けた場合は、医療費を返還していただきますので、ご注意願います。
 

医療機関等でいったん自己負担額を支払った場合(償還払い申請)

 受給者証を交付されている方が、医療機関等の窓口で下記の理由により自己負担額を支払った場合は、申請により指定された口座にお支払いします。

  • 医療機関等の窓口で受給者証の提示をしなかった場合
  • 宮城県外の医療機関等で受診した場合
  • 養育医療や装具を作成した場合などで病院以外の場所で支払いをした場合
  • 現物給付制度に対応していない医療機関等で受診した場合
  • 現物給付制度を取り扱わない医療保険(一部の国保組合)に加入している場合
(注)
  • 加入されている医療保険から高額療養費や付加給付金などが支給される場合は、それらに相当する額は助成の対象となりません。
  • 弱視用眼鏡を作製した場合、9歳未満のお子様が対象となります。 

申請方法

子ども医療費助成申請書に領収書(レシートは不可)の原本を添えて石巻市役所に提出してください。

(注)
  • 高額療養費、附加給付等に該当する場合は、支給決定通知書などが必要となる場合があります。
  • 装具、弱視用眼鏡を作製した場合は、医師の診断書が必要です。
  • 社会保険に加入しているお子様の装具、弱視用眼鏡を作製した場合は、療養費の支給決定通知書が必要です。

その他

  本事業は、「特定防衛施設周辺整備調整交付金」を財源の一部として実施しています。

このページへの問い合わせ

部署名:健康部 保険年金課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
資格・年金担当 2347
保険税担当 2338
給付担当 2343
保健担当 2333
財務担当 2349

担当グループ名

給付グループ 内線:2342