コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 手続き > 年金・国民健康保険 > 国民健康保険 > 特定疾病療養

特定疾病療養

更新日:2021年1月26日

特定疾病療養とは

 厚生労働省大臣の定める疾病です。治療を必要とする方は、「特定疾病療養受療証」の交付を受け、医療機関等の窓口に提出することで、自己負担を一定の金額に抑えることができます。

 対象となる疾病は以下の3つです。
  • 人工腎臓を実施している慢性腎不全(人工透析)
  • 血漿分画製剤を投与している先天性血液凝固第8及び第9因子障害(血友病)
  • 抗ウイルス薬を投与している後天性免疫不全症候群(ただし、血液凝固因子製剤の投与に起因するもののみ)

 

自己負担限度額(月額)

 10,000円(人工透析を要する70歳未満の上位所得者は、20,000円)
  • 同じ病院でも入院と外来は別々の負担となります。

申請に必要なもの

  • 国民健康保険保険証
  • 個人番号(マイナンバー)カード(世帯主、治療を受ける方)
  • 本人確認資料(手続きに来る方の個人番号(マイナンバー)カード、運転免許証など)
  • 世帯主の印鑑(認印可)
  • 国民健康保険特定疾病療養認定申請書(PDF:134KB)
  • 医師の診断書(申請書に医師の意見書が記載されている場合は不要)
  • 別世帯の方が申請される場合は、世帯主からの委任状が必要です。

 申請は、保険年金課または各支所・各総合支所市民生活課での手続きとなります。

 

このページへの問い合わせ

部署名:健康部 保険年金課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
資格・年金担当 2347
保険税担当 2338
給付担当 2343
保健担当 2333
財務担当 2335