コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > くらしと仕事 > ごみ・リサイクル > スプレー缶、カセットボンベ、ガスライターの出し方について

スプレー缶、カセットボンベ、ガスライターの出し方について

更新日:2019年02月28日

 中身が残ったままのスプレー缶やカセットボンベ(ガスカートリッジ)、ガスライターがごみに混入すると、ごみ収集車やごみ処理施設の内部で火災が起こったり、作業員がけがをしたり、機械が壊れる原因となります。
 排出方法を守り、事故防止にご協力いただきますようお願いします。

車両火災の様子1  車両火災の様子2

車両火災の様子

スプレー缶

  • 穴はあけずに完全に中身を使い切るか、屋外でガス抜きをしてください。
  • シューと音がしなくなるまでスプレーボタンを押して中身を使い切ってください。または、ガス抜きキャップ(中身排出機構)を利用して中身を出し切ってください。
  • 風通しが良く、火気のない屋外で、風下に向けて、人などにかからないよう新聞紙などに吹き付けるなどして、周囲への飛散にご注意ください。
  • スプレー缶排出日は、「びん」と同じ日です。
  • スプレー缶、ガスカートリッジ専用の黄色コンテナ(かご)に入れてください。
  • 穴あけは不要です。スプレー缶に穴をあけてガスを抜くのは危険ですので行わないでください。

 

  一般社団法人日本エアゾール協会ホームページ(外部リンク)

スプレー缶排出方法

 画像をクリックすると拡大して(PDF)ご覧いただけます。
印刷もできます。

 

カセットボンベ(ガスカートリッジ)

  • 穴はあけずに完全に中身を使い切るか、屋外でガス抜きをしてください。
  • カセットコンロでお湯を沸かすなどして中身を使い切り、振っても音がしないことを確認してください。中身が使いきれない場合は、販売元の推奨する方法でガスを抜いてください。
  • カセットボンベ(ガスカートリッジ)排出日は、「びん」と同じ日です。
  • スプレー缶、ガスカートリッジ専用の黄色コンテナ(かご)に入れてください。
  • 穴あけは不要です。カセットボンベ(ガスカートリッジ)に穴をあけてガスを抜くのは危険ですので行わないでください。


  一般社団法人日本ガス石油機器工業会ホームページ(外部リンク)

ガスカートリッジ排出方法

画像をクリックすると拡大して(PDF)ご覧いただけます。
印刷もできます。

 

ガスライター

  • 穴はあけずに完全に中身を使い切るか、屋外でガス抜きをしてください。
  • 有害ごみの日に石巻市指定ごみ袋に入れて排出しましょう。
  • ほかの有害ごみ及び燃やせないごみ等に混ぜて排出することはできません。
  • 穴あけは不要です。ガスライターに穴をあけてガスを抜くのは危険ですので行わないでください。


  消費者庁ほかリーフレット(外部リンク)
  一般社団法人日本喫煙具協会ホームページ(外部リンク)

ガスライター排出方法

画像をクリックすると拡大して(PDF)ご覧いただけます。
印刷もできます。

 

 

このページへの問い合わせ

部署名:生活環境部 廃棄物対策課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
廃棄物管理担当 3375