トップページ > 市民の方へ > くらしと仕事 > ごみ・リサイクル > ごみの分け方

ごみの分け方

更新日:2016年03月30日

分ければ資源 すてればゴミ

 ごみの分別と減量化にご協力を!!
 最近、燃やせるごみの中に「資源物」が入っているごみ袋が多く、特に、雑紙(ざつがみ)類、布類、ペットボトル、あき缶が多く見受けられます。
 きちんと分けることにより、ごみの減量化・再資源化が図られますので、もう一度「永年保存版 家庭ごみの分け方・出し方」を確認してごみの分別にご協力ください。(下記関連ファイルをご覧ください。)

雑紙(ざつがみ)類

 ティッシュ箱(ビニールは外す)、菓子箱、折箱(紙製)、包装紙、封筒、プリント類など分別して、雑紙類専用収集袋に入れて出すほか、新たに紙袋と紙ひもでしばって出せるようになりました。詳しくは、平成28年4月より、家庭ごみの分け方・出し方が変わりますの2をご覧ください。いずれかの出し方で月2回古紙の回収日に集積所に出してください。
 どれが雑紙類として出せるか、雑紙の分別収集または下記関連ファイルをご覧ください。

古着・布類

 古着・布類は、平成28年4月より新たに資源物として出せるようになりました。月2回の古着・布類回収日に、指定ごみ袋に入れて集積所に出してください。
 詳しくは、平成28年4月より、家庭ごみの分け方・出し方が変わりますの1または下記関連ファイルをご覧ください。

ペットボトル

 キャップを取って、中身を軽く水洗いして、踏みつぶしてから、指定ごみ袋に入れて、月2回ペットボトル回収日に集積所に出してください。(キャップは燃やせるごみに出してください。)

あき缶

 中身を空にして軽く水洗いしてから、指定ごみ袋にあき缶だけ入れて月2回あき缶回収日に集積所に出してください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

部署名:生活環境部 廃棄物対策課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
廃棄物管理担当 3375