トップページ > 復興情報 > 東日本大震災関連情報 > 生活関連情報 > 放射線・環境に関する情報 > 住民持ち込みによる食品等の放射性物質簡易測定検査について

住民持ち込みによる食品等の放射性物質簡易測定検査について

更新日:2013年03月09日

 市では市民皆さんの放射能による食品の不安を少しでも和らげていただくため、自家消費用農作物などの放射性物質簡易測定検査を実施します。

対象者

 市内に住所を有している方

予約開始日

 平成24年8月20日(月曜日)から

検査開始日

 平成24年8月22日(水曜日)から

検査受付時間

 月曜日から金曜日(年末年始及び祝日を除く)10時から15時まで

検査費用

 無料

測定品目

  1. 自家消費を目的で栽培(採取)した農林産物
    (家庭菜園で栽培した野菜、個人で採取した山菜・きのこ等)
  2. 自家消費を目的に採取した魚類等
    (個人で釣りをして採取した魚等)
  3. 飲料用の地下水、井戸水等

測定できない物

  1. 流通している食品(スーパーなどで購入した野菜等食品等)
  2. 加工食品物
  3. 販売が目的のもの
  4. 水道水
  5. 採取場所が不明なもの等

申込方法及び検査場所

申込方法

 日時指定の予約制です。事前に直接または電話にて検査場所にお申し込み下さい。


検査場所

  1. 本庁(3階)環境放射線対策室(環境課脇)95-1111(内線番号:3366)
  2. 牡鹿総合支所市民生活課 45-2122

検査品持込み方法

  1. 測定にはおよそ1キログラム(1リットル)の試料が必要です。
  2. 野菜や果実は水洗いにより、土をきれいに落とし、皮や根を取り除き、食する部分をみじん切り(5ミリ程度)またはペースト状(フードプロセッサーでも可)にし、ビニール袋等に入れお持ち下さい。
  3. 魚は、頭やひれ、骨等を取り除き食する部分のみをみじん切り(5ミリ程度)またはペースト状にし、ビニール袋に入れお持ち下さい。
  4. 井戸水等は、よく洗ったペットボトルに1リットルいれてお持ち下さい。
    (注)準備が不十分の場合、検査ができませんのでご注意下さい。


 放射性物質簡易検査の流れについては、関連ファイルをご覧ください。
 検査結果は、関連リンクよりご覧ください。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連リンク

お問い合わせ先

部署名:総務部 危機対策課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
危機管理担当 4157
災害対策担当 4165
原子力担当 4162