トップページ > ICT活用

ICT活用

平成29年8月,校内の情報機器が更新され,電子黒板やタブレットPC等が配置されました。研修を深めながら,活用を進めています。

電子黒板

DSC_1624.jpg DSC_1662.jpg

画面に映した教材をさらに拡大したり,電子ペンで画面に直接書き込みながら説明したりすることができます。60インチの大画面のため,迫力ある教材の提示が可能です。

デジタル教科書(国・書・社・算・理)

 DSC_1719.jpg DSC_1630.jpg

子供たちの手元にある教科書と同じ画面を提示して授業を進めることができます。アニメーション教材や動画教材も多く含まれており「分かる授業」作りに大いに役立ちます。

windowsタブレットPC


DSC_1628.jpg DSC_1653.JPG DSC_1657.jpg DSC_1655.jpg 

タブレットPCは3台配置されました。 子供たちの手元でインターネット上の教育番組やデジタル教材を見せることが可能になりました。また,タブレットPCは電子黒板と無線LANで結ばれており,担任と子供たちが,互いの画像を送りあうことができます(授業支援ツール「xSync 」使用)。授業の中では,自分のノートをタブレットPCで写真に撮り,それを送り合って,互いの考えを比較しながら学ぶといった活動に活用しています。

DSC_0137.jpg DSC_0136.jpg

低学年では,タブレットPCにインストールした「ひまわりポケット 」というアプリを活用しています。アプリ内の「デジタル計算ドリル」 を使って,主に計算領域の既習内容の復習を進めています。ひとりひとりの誤答を自動的に分析し,個の力に応じた問題を提供してくれるため,子どもたちの学ぶ意欲にも繋がっています。1年生でも上手にタブレットを操作できるようになり,集中して問題に取り組む姿が見られています。 

書画カメラ(実物投影機)

 (準備中)

へき地校・複式授業でのICT活用

DSC_1729.jpg

へき地校の複式授業の中では,担任が片方の学年を「直接指導」する際,片方の学年は自分たちで学習を進める「間接指導」という形態になります。ICTを活用することで,「直接指導」だけでなく,「間接指導」の充実をより一層図ることが可能です。今後,優れた実践から学び,さらに効果的な活用方法を探っていきたいと考えています。

関連リンク