コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 健康と福祉 > その他の福祉 > 石巻市地域福祉計画(第3期)

石巻市地域福祉計画(第3期)

更新日:2018年06月19日

 本市では、「いつも自分らしく生きるためにみんなで支えあう地域づくり」を目指し、 『石巻市地域福祉計画(第3期)』を策定しました。

 震災から6年が経ち、復旧・復興の再生期から発展期へと進む中、地域コミュニティの構築・再生を実現し、コミュニティの中で住民主体の地域福祉活動を実施することで、地域全体の活性化が図られ、未来へ継続されていくような仕組みづくりが重要になります。
 近年の少子高齢化、核家族化により生活形態の変化が進み、支援を必要とする人に対し、家族や地域社会による“支え合い”の関係が失われ、連帯感の希薄化が進んでいます。その結果地域に住む、さまざまな“困りごと”を抱えるようになり、適切な支援につながりにくく、自分らしく暮らすことが難しい社会へと変容しつつあります。
 しかし、地域のちょっとした心遣いや“支え合い”が暮らしの中で抱える“困りごと”を解決するきっかけになることもあるはずです。

 この計画では地域での支え合いをはじめとする石巻市の地域福祉を進めていくうえで、市や市民、関係機関等がそれぞれの役割を担いながら、地域で起こりうるさまざまな“困りごと”を解決するにあたっての大切な視点を掲げています。

 【地域福祉って何?】

 地域福祉とは、高齢者も、障害のある人もない人も、誰もが自分らしい生活をおくることができるよう、地域の一人ひとりが主役となり、みんなで支えあい、自分たちが住んでいる地域を暮らしやすくするための取組みです。

石巻市地域福祉計画

  • 策定年月:平成29年3月 
  • 計画年度:平成29年度から平成33年度

【基本理念】

 いつも自分らしく生きるために、みんなで支えあう地域づくり

【施策体系】

地域福祉をみんなで進めていくには、市民、地域、行政がそれぞれの役割をもって、互いに協力し合いながら取り組む必要があります。そこで、3つの重点事項と4つの基本目標を掲げ、市民や地域の取り組みを支援していきます。

重点事項

重点事項1:コミュニティの定着・活性化(人同士をつなげ継続性を持たせる)
重点事項2:地域ネットワークの構築(困りごとを適切な支援につなげる)
重点事項3:安心できる暮らしの確保(支援体制を確立し安心をつなぐ)


基本目標                                    

基本目標1:ともに協力し支え合う地域づくり

  • 新しい地域コミュニティの定着
  • 交流の場づくり
  • 安心安全な暮らしの確保

基本目標2:地域福祉を担う人づくり

  • 生涯を通じた福祉学習の推進
  • 豊かな心を育む福祉教育の充実
  • 福祉従事者の人材育成・人材確保
  • ボランティアやNPO等による市民活動の推進

基本目標3:地域福祉サービスの基盤づくり

  • 保健・医療・福祉の連携による地域での支え合いの仕組みづくり
  • だれもが住みよい福祉のまちづくり推進
  • 福祉サービスの質の向上と利用者への情報提供の充実
  • 権利擁護体制の整備
  • 生活困窮者自立支援の推進

基本目標4:新たな地域コミュニティでの健康づくり

  • 心と身体の健康づくり
  • 生きがいづくりへの支援

◆計画書本文については関連ファイルをご覧ください 。 

その他資料等

 関連ファイルをご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページへの問い合わせ

部署名:福祉部 福祉総務課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
総務担当 2460
FAX番号:0225-22-3454

担当グループ名

総務グループ