トップページ > お知らせ・学校の様子 > 渡波地区意見発表会(2016/02/06)

渡波地区意見発表会(2016/02/06)

更新日:2016年02月08日


 2月6日(日曜日)に,渡波公民館で,第44回渡波地区意見発表会があり,本校からは,6年生の小山萌々香さんと中鉢朱莉さんが代表として参加しました。
 小山さんは「今よりすばらしい渡波へ」という演題で,「お父さんと同じように建築の道に進み,家作りをとおして渡波地区を住みやすいと思えるようなところにしたい。」と発表しました。助言の先生からは,「震災を経験し建築士になりたいという思いが膨らみました。お父さんのアドバイスを受けながら,被災した人たちが安心して暮らせる家を作ってあげたいという夢を,ぜひ実現させてください。」という講評をいただきました。
 中鉢さんは「万石浦幸福論」という演題で,「踊りや昔からの遊び,スポーツなどの企画をとおして,地域の交流を積極的に行うことを大切にしなくてはいけない。」と発表しました。助言の先生からは「万石浦地区のことを思い,よりよいまちづくりのために具体的な活動を考えています。きっと,自分の意見をしっかりともった立派な中学生として活躍してくれることでしょう。」と講評をいただきました。
渡波意見発表会160206渡波意見発表160206