トップページ > 蛇小日記 > 誰もいないはずの教室にだれかが…

誰もいないはずの教室にだれかが…

更新日:2015年04月08日

9月24日(水曜日) 5年生 へび田んぼ
 一学期に植えた稲も大きくなり,収穫の時期が近づいてきました。穂が垂れて色づくとすずめが稲を狙ってやってくるようになりました。そこで,各クラス3体づつ案山子を作りました。パソコンや本で案山子の作り方を調べました。作り方が分かると,今度は設計図をかきました。「雨に濡れてもいいようにするにはどうしたらいいんだろう。」や「すずめが寄ってこないようにするためには何を使ったらいいんだろう。」などお互いの疑問を話し合いながら協力して作っていました。できた案山子のあまりのリアルさに,放課後,教室を見回る先生方は驚いていました。「誰もいないはずの教室にだれかが…」と。

の画像
の画像
の画像
の画像
の画像
の画像
の画像
の画像
の画像