トップページ > 市民の方へ > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化 > 毛利コレクション > 暦の世界 > 大小暦

大小暦

更新日:2013年03月06日

 毎年の月の大小は、江戸時代の好事家の遊び心を満足させる格好の材料でした。そこから、さまざまな着想による大小暦が生まれました。

 大小暦は、その年の大小の配列を言葉や絵で表現し、1枚の摺り物にしたものです。商品として売られた物ではなく、各人が趣向に合わせて作り、年始の引き出物として友人・ 知人に配ったものです。

 写真の大小暦は、屏風に大の月(ここでは2月・3月・4月・7月・9月・11月) 小の月(閏2月・5月・6月・8月・10月・12月)の文字が書かれており、床の間の前の鏡餅にネズミが乗っているので、子年を表しています。

 これらのことから、この暦は嘉永5年(1852年)のものとわかります。

大小暦の画像
大小暦

お問い合わせ先

部署名:教育委員会 生涯学習課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
生涯学習担当 5054
文化財担当 5056