トップページ > 市民の方へ > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化 > 毛利コレクション > 考古資料(埴輪) > かざり馬

かざり馬

更新日:2013年01月26日

 馬をかたどったはにわです。

 動物をかたどったはにわは種類が多く、馬のほかに牛、犬、いのしし、さる、にわとり、たか、水鳥などがあります。

 馬は、動物はにわの中で最も多く見られるものです。人が乗っているものや、なにも着けていない馬をかたどったものもありますが、ほとんどが飾り馬(かざりうま)です。

 鞍(くら)を置き、馬鈴(ばれい)や馬鐸(ばたく)などの飾りをつけたものが多いことから、馬が当時きわめて大切であったことが想像できます。

かざり馬の画像
かざり馬

お問い合わせ先

部署名:教育委員会 生涯学習課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
生涯学習担当 5054
文化財担当 5056