トップページ > 市民の方へ > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化 > 毛利コレクション > 考古資料(埴輪) > さげみずらの男

さげみずらの男

更新日:2013年01月26日

 盛装した男の人のはにわです。太刀(たち)を持ち、手首には籠手(こて)というプロテクターをつけています。

 頭には帽(ぼう)をつけ、髪は「さげみずら」というという髪型に結っています。古代の男の人はこのように髪を長く伸ばし、左右に分けて結ぶのが一般的でした。

 また、首には頸玉(くびたま)を、耳には耳輪(みみわ)を飾っています。

 はにわを見ると、当時の人がなにを身につけていたのかを知ることができます。古代の男子の盛装は、衣(きぬ)にズボンのような太い褌(はかま)をつけるというスタイルでした。

 褌は膝のところで脚結(あゆい)の紐で結び、そこに鈴や玉飾りをつけることもあったようです。

 盛装した男子は くつをはいていましたが、農民は藁草履(わらぞうり)をはいていたか、はだしだったと思われます。


はにわの一言


 この埴輪の足元を見ると、くつをはいていることがわかります。このくつは皮でできていました。

 しかし当時、人々が一般的にくつをはいていたわけではなく、農民はわらでできたぞうりをはいていたか、はだしだったと考えられています。

さげみずらの男の画像
さげみずらの男

お問い合わせ先

部署名:教育委員会 生涯学習課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
生涯学習担当 5054
文化財担当 5056