トップページ > 市民の方へ > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化 > 毛利コレクション > 歴史資料 > 猿の腰掛

猿の腰掛

更新日:2013年01月26日

 文政11年(1828年)に発行された句集。編集者の一人である二晶(じしょう)は、石巻住吉の医者で、本名は松元玄説(まつもと げんせつ)といいます。

 また、もう一人の者来(しゃらい)は、石巻の水沢屋作兵衛(みずさわやさくべえ) というひとです。

 二晶・者来ともに、文化・文政期に活躍した仙台藩の俳人・遠藤曰人(えんどうあつじん)の弟子で、曰人の「竹林の八歌仙」と数えられたほどの人です。

猿の腰掛の画像
猿の腰掛

お問い合わせ先

部署名:教育委員会 生涯学習課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
生涯学習担当 5054
文化財担当 5056