トップページ > 市民の方へ > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化 > 毛利コレクション > 歴史資料 > 江戸大節用海内蔵

江戸大節用海内蔵

更新日:2013年01月27日

 節用集(せつようしゅう)は、もともと国語辞典として編集され用いられてきたもので、その起源は室町時代末期頃までさかのぼります。

 しかし、江戸時代にはいると大きく変化して絵入りのものが作られる等、一種の家庭用百科辞典の役割を兼ねるようになりました。

 この江戸大節用海内蔵もそうしたものの一種で、江戸時代末期、文久3年(1863年)に江戸の須原屋等が発行したものです。

江戸大節用海内蔵の画像
江戸大節用海内蔵

お問い合わせ先

部署名:教育委員会 生涯学習課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
生涯学習担当 5054
文化財担当 5056