トップページ > 市民の方へ > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化 > 毛利コレクション > 歴史資料 > 歴史の文字記録

歴史の文字記録

更新日:2013年01月26日

 歴史を知るために一番わかりやすく、如実に出来事がわかるものは文字で書かれたものではないかと思います。

 文字として最も古いものと考えられるものでは、三重県嬉野町でみつかった弥生土器に書かれたものがありますが、これは、記号である可能性もあります。

 漢字が日本に伝えられてから以後、文字は漢字を始め、それから作られたといわれるひらがな、かたかななどを使って非常に多くの事が書かれました。それには、日本書紀のように日本の歴史を書いたもの、万葉集のような和歌を書いたものなど実にさまざまです。

 毛利コレクションにも数多くの書物があります。その中には百科事典や、俳句を書いたものなどさまざまですが、その中のいくつかを紹介したいと思います。

江戸大節用海内蔵 続三十里集 猿の腰掛 海国兵談

(左より江戸大節用海内蔵、続三十里集、猿の腰掛、海国兵談)

 関連リンクより毛利コレクションをご覧いただけます。

関連リンク

お問い合わせ先

部署名:教育委員会 生涯学習課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
生涯学習担当 5054
文化財担当 5056