トップページ > 事業者の方へ > 経済・産業 > 雇用 > 高齢者雇用促進

高齢者雇用促進

更新日:2013年02月22日

事業者の方へ高齢者雇用の促進について

 超高齢化社会の到来を目前に控え、企業における定年の引上げ、継続雇用制度の導入又は改善等により、少なくても65歳までの高齢者の安定した雇用の確保が強く求められています。

 企業が定年の引上げ、継続雇用制度の導入又は改善等を実現するためには、賃金・退職金制度を含む人事管理制度の見直し、職業能力の開発及び向上、職域開発・職場改善等、さまざまな条件整備に取り組む必要があります。

 宮城県雇用支援協会では、高年齢者雇用アドバイザー等高齢者の雇用問題に関する専門家による相談・助言その他援助活動を実施しています。

 また、高年齢者等の雇用の促進を図ることを目的に、事業主の方に雇用安定事業に基づく助成金・奨励金を支給しています。

 定年引上げ等奨励金や高年齢者等共同就業機会創出助成金は、制度に応じて一定額を支給したり、継続的な雇用・就業機会を創出した事業主が対象となる制度です。

 くわしくは、独立行政法人高齢・障害者雇用支援機構のホームページをご覧ください。   

問合せ

 社団法人 宮城県雇用支援協会
 住所:仙台市青葉区中央4丁目2番1号 青葉通プラザ2階
 電話番号 022-265-2076  ファックス 022-265-2078

関連リンク

お問い合わせ先

部署名:産業部 商工課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
融資・労政担当 3523
商工振興担当 3524
企業育成支援担当 3525