トップページ > 市民の方へ > 相談 > 消費者生活相談 > 消費生活相談

消費生活相談

更新日:2013年03月04日

多重債務

複数の消費者金融からの借り入れており、返済が困難 など

 まずは当相談室に相談してください。

 借入額の残高や本人の事情等を考慮し「任意整理」「特定調停」「民事再生」「自己破産」から、どの手法が最も適しているかも含め、ご相談に応じます。

 借入額や借入期間によっては、払い過ぎた利息分が戻ってくることもあります。

 また、必要に応じ、弁護士や司法書士の紹介や、無料相談会のご案内もいたします。

賃貸住宅

アパートから退去する際、リフォーム代を請求された など

 通常、アパートなど賃借物件の修繕費用負担は、国土交通省の『原状回復をめぐるトラブルとガイドライン』により「借り主側の故意や過失による場合は借主負担」「経年変化、通常の使用による損耗等の修繕費用は賃料に含まれる(貸主負担)」とされています。

 アパートから撤去する際の修繕(原状回復)費用負担の問題などの相談に応じます。

身に覚えのない請求

身に覚えのない請求のハガキが届いた など

 身に覚えのない請求に対しては、絶対に連絡しないでください。

 それでも不安がある場合、もしくは本当に裁判所等の公的機関から連絡があった場合、当相談室に相談してください。 

ネットトラブル

インターネットや携帯サイトの利用料金関係全般

 インターネットの利用料金や、携帯サイトの通信料(パケット料金)など、ネットやオンライン関係全般について相談に応じます。

クーリングオフ

商品やサービスのクーリングオフ(契約解除)を行いたい など

 まずは当相談室に相談してください。

 また、公益社団法人 全国消費生活相談員協会のホームページの記載例を参考にしてください。
(詳しくは、下記関連リンクよりご覧ください。)

関連リンク

お問い合わせ先

部署名:福祉部 市民相談センター
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
市民相談担当 2532
家庭児童相談担当 2534
少年相談担当 2533
消費生活相談担当 2536