トップページ > 市民の方へ > 健康と福祉 > 高齢の方 > 介護保険 > 福祉用具購入費の支給について

福祉用具購入費の支給について

更新日:2016年02月25日

 要支援や要介護の認定を受けている方は、特定の福祉用具を購入した際に、その費用の9割又は8割が保険給付されます。レンタル用の福祉用具とは品目が異なりますのでご注意ください。

保険給付の対象となる福祉用具

  1. 腰掛便座(ポータブルトイレ・補高便座等)
  2. 自動排泄処理装置の交換可能部品
  3. 入浴補助用具(浴槽手すり・シャワーベンチ・浴槽台等)
  4. 簡易浴槽
  5. 移動用リフトのつり具の部分

自己負担額

  • 福祉用具購入費の1割又は2割が自己負担となり、残りの9割又は8割が保険給付されます。
  • 購入費用の上限額は、1年度につき10万円(保険給付額9万円又は8万円)までとなります。上限額を超えた場合、超過金額分は自己負担となります。
  • 既に購入した福祉用具が破損した場合や利用者の介護の必要の程度が著しく高くなった場合など、特別の事情がある場合は、同一種目であっても福祉用具購入費が支給されます。
  • 福祉用具購入費は、都道府県の指定を受けた事業者から上記の福祉用具を購入した場合に支給されます。
    (注)指定事業者以外からの購入は、保険給付対象外となります。

 (注)市内の指定事業者は、関連リンク「介護サービス事業所・施設一覧」をご覧ください。
 (注)県内の指定事業者は、関連リンク「宮城県長寿社会政策課/介護サービス事業者リスト」をご覧ください。

支給申請方法

1.償還払い方式

 利用者が福祉用具を10割負担で購入した後、領収書等を添えて市役所介護保険課・各総合支所保健福祉課に申請すると、保険給付分の金額(9割又は8割)が翌月末に支払われます。

償還払いの場合に必要な申請書類等

  1. 介護保険 居宅介護福祉用具購入費等支給申請書
  2. 委任状:申請者以外の口座に振り込む場合
  3. カタログ等、内容を確認できる書類(写)
  4. 領収証(写)

 (注)支給申請書等の様式については、関連ファイルをご覧ください。

2.受領委任払い方式

 保険給付される9割又は8割分を、事前に福祉用具販売事業者に委ねることにより、利用者は1割又は2割分を支払って購入できる方法です。購入後、領収書等を添えて市役所介護保険課・各総合支所保健福祉課に申請すると、保険給付分(9割又は8割)が翌月末に福祉用具販売事業者に支払われます。

受領委任払いの場合に必要な申請書類等

  1. 介護保険 居宅介護福祉用具購入費等支給申請書
  2. 介護保険 居宅介護福祉用具購入費等の受領委任に関する確認書及び委任状
  3. カタログ等、内容を確認できる書類(写)
  4. 自己負担額を確認できる領収証等(写)
  5. 購入した福祉用具の金額が確認できる納品書等(写)

 (注)支給申請書等の様式については、関連ファイルをご覧ください。

お問い合わせ先

部署名:健康部 介護保険課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
保険料担当 2445
資格・介護用品担当 2444
保険給付担当 2442
高額介護担当 2439
地域密着担当 2436
介護予防担当 2437
訪問指導担当 2438
認定申請担当 2433
認定調査担当 2434

担当グループ名

保険給付グループ(内線2442)

その他のお問合せ先

河北総合支所 保健福祉課 電話番号 62-2117
雄勝総合支所 保健福祉課 電話番号 57-2113
河南総合支所 保健福祉課 電話番号 72-2112
桃生総合支所 保健福祉課 電話番号 76-2111
北上総合支所 保健福祉課 電話番号 67-2113
牡鹿総合支所 保健福祉課 電話番号 45-2113