トップページ > よくある質問 > 手続きと相談 > 国民健康保険・年金・医療給付 > サラリーマンでしたが、会社を退職して自営業を始めました。国民年金の加入手続きを教えてください。

サラリーマンでしたが、会社を退職して自営業を始めました。国民年金の加入手続きを教えてください。

更新日:2013年03月08日
サラリーマンでしたが、会社を退職して自営業を始めました。国民年金の加入手続きを教えてください。
第1号被保険者として手続きをすることになります。
厚生年金の加入者である会社員は、同時に国民年金の第2号被保険者でもあります。会社を退職されると厚生年金保険は自動的に資格喪失になりますが、国民年金には60歳未満であれば引き続き加入しなくてはなりません。自営業を始められるということなので、第1号被保険者として種別変更届の手続きをしてください。
このとき忘れてならないのは、あなたに扶養する妻(夫)がいる場合、あなただけでなく配偶者の種別変更届も必要となることです。会社員に扶養される妻(夫)は第3号被保険者ですが、自営業の妻(夫)は第1号被保険者になりますので、必ず手続きしてください。また、保険料はそれぞれ納めることになります。
市役所・各支所の国民年金担当窓口で手続きしてください。

お問い合わせ先

部署名:健康部 保険年金課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
資格・年金担当 2347
保険税担当 2338
給付担当 2343
保健担当 2333
財務担当 2335