トップページ > 市民の方へ > 健康と福祉 > 健康・医療 > 感染症情報 > 風しんに注意してください(注意喚起)

風しんに注意してください(注意喚起)

更新日:2018年10月11日

 現在、関東地方において風しんの発生数が大幅に増加しています。
 感染から発症まで14日から21日かかり、人の往来が多い夏休みに感染している場合は、これから発症の時期を迎え、全国的に感染が拡大する恐れがあります。
 風しんの予防には、予防接種が最も有効です。平成2年4月2日以降に生まれた方には2回予防接種を受ける機会がありますが、それ以前に生まれた方は1回もしくは1回も接種の機会がないため、十分な免疫を持っていない可能性があります。
 風しんの罹患歴や予防接種が明らかでない場合は、予防接種を検討してください。
 風しんの詳しい内容やQ&Aなど、厚生労働省や宮城県のホームページを掲載していますので、関連リンクをご覧ください。

 
 また、 宮城県では、妊娠を希望する19歳から49歳の女性や、風しん抗体価が低い妊婦の同居者などを対象に、県内の医療機関において風しん抗体検査を実施しています。 
 詳しくは、関連リンクをご覧ください。

関連リンク

お問い合わせ先

部署名:健康部 健康推進課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
予防接種・健診担当 2413
地域医療・総務担当 2416
歯科保健担当 2417
母子保健(乳幼児健診)担当 2423
精神保健担当 2421
成人保健担当 2425
栄養担当 2617