トップページ > 市民の方へ > 健康と福祉 > 健康・医療 > 健康ネット > 「危険ドラッグを絶対に使用しないで下さい!!」

「危険ドラッグを絶対に使用しないで下さい!!」

更新日:2014年12月09日

危険ドラッグってなに?

 危険ドラッグは、麻薬や向精神薬ではありませんが、麻薬や向精神薬と同様に多幸感、快感等を高めるものとして販売されている製品です。

 警察庁と厚生労働省は平成26年7月22日に、これまでの「脱法ドラッグ」や「脱法ハーブ」といった名称を、規制の有無を問わず、使用することが危ない物質であると明確に示すため「危険ドラッグ」と称しました。

  「合法ドラッグ」「脱法ドラッグ」「デザイナーズドラッグ」とも呼ばれ、身近な雑貨店、インターネットなどで、ビデオクリーナー、芳香剤、植物肥料、ハーブ、お香などを装い販売されている場合もあります。

危険ドラッグの写真1  危険ドラッグの写真2  危険ドラッグの写真3  危険ドラッグの写真4

(厚生労働省ホームページ画像より引用)

 

危険です! 絶対に使用しないで下さい!! 

 公益財団法人麻薬・覚せい剤乱用防止センター

 危険ドラッグは、大麻や覚醒剤などの規制薬物より危険な物質が含まれている場合も多く、摂取や使用することにより、突然、自分の理性がコントロールできなくなることから、他人を巻き込む交通事故や殺傷事件が発生するなど大変危険なものです。

 また、たった1回の使用でも、死に至ることもあるため、興味本位であっても「絶対に摂取や使用をしないでください!」

 

 

◆使用は法律違反です!

 危険ドラッグは、薬事法の指定薬物として「所持」「使用」「購入」「譲り受け」「製造」「輸入」「販売」「授与」又は販売・授与目的での「貯蔵」「陳列」が禁止されています。

 これに違反した場合、3年以下の懲役若しくは300万円以下の罰金、又はこれらが併科されます。

関連リンク

お問い合わせ先

部署名:健康部 健康推進課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
予防接種・健診担当 2413
地域医療・総務担当 2416
歯科保健担当 2417
母子保健(乳幼児健診)担当 2423
精神保健担当 2421
成人保健担当 2425
栄養担当 2427