トップページ > よくある質問 > 手続きと相談 > 公的年金からの市・県民税の特別徴収制度 > 年度途中で市・県民税の額が変更となった場合

年度途中で市・県民税の額が変更となった場合

更新日:2016年10月18日
年度途中で市・県民税の額が変更となった場合、特別徴収税額も変更となりますか?
特別徴収税額が変更された場合においては、一定要件の下、支払回数ごとに税額を変更し本徴収を継続します。すでに納付していただいた税額が変更後の特別徴収税額を超えることとなった場合には、還付等をすることとなります。
 
(注)年金所得以外の所得があり、その所得の増加や減少による場合については、公的年金からの特別徴収税額に影響はありませんので、年金からの特別徴収は継続されます。

お問い合わせ先

部署名:財務部 市民税課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
個人市民税担当 3097
特別徴収担当 3093
法人市民税担当 3099
軽自動車税担当 3101
証明担当 3102