トップページ > よくある質問 > 手続きと相談 > 個人市県民税 > 医療費控除はいくらから適用になるの?

医療費控除はいくらから適用になるの?

更新日:2013年03月07日
私は去年入院及び通院しましたが、支払った医療費に応じて医療費控除が受けられると聞きました。この制度について教えてください。
前年中に、自分や生計同一の家族の病気や怪我の治療のために支払った医療費があるときは、確定申告または市県民税申告をすることで控除を受けることができます。
ただし、自分や家族が加入している生命保険や健康保険などからの給付金や補填金などがある場合は、医療費の支払額から差し引かなければなりません。
また、健康診断費用や視力矯正用眼鏡、美容整形手術のための費用など医療費控除の対象にならないものがあるので注意が必要です。

医療費控除額の計算方法

  1. その年中に支払った医療費-生命保険などの補填金=A
  2. A-(10万円または所得の5%(いずれか少ない額))=医療費控除額

注:医療費はその年中に実際に支払ったものに限られます。(未払い分は含まれない)

お問い合わせ先

部署名:財務部 市民税課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
個人市民税担当 3097
特別徴収担当 3093
法人市民税担当 3099
軽自動車税担当 3101
証明担当 3102