トップページ > よくある質問 > 手続きと相談 > 市県民税 > 扶養にとれる収入の範囲はどれくらいですか?

扶養にとれる収入の範囲はどれくらいですか?

更新日:2018年11月05日
申告の際に妻、子供を扶養にとりたいと思っていますが、収入があります。この場合、扶養にとれる収入の範囲を教えてください。また、どのくらいの収入になると税金がかかるのでしょうか?
税金上の扶養にとれる要件は、「親族のうち生計を一にしていて、前年中の合計所得金額が38万円以下」となっております。
要件中の「合計所得金額」とは、給与収入のみの場合、給与収入を給与所得に換算し(給与所得金額の求め方参照)38万円以下であれば要件を満たすこととなります。給与収入で考えると103万円以下(103万-65万=38万)の場合に扶養にとることができます。
ただし、要件を満たしていても、他の方と同時に扶養にとること(例えば夫と妻で同一の子を重複して扶養しているケース)はできませんので注意が必要です。また給与収入が95万を超えると、扶養に取られていても市県民税がかかる場合があります。

お問い合わせ先

部署名:財務部 市民税課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
個人市民税担当 3097
特別徴収担当 3093
法人市民税担当 3099
軽自動車税担当 3101
証明担当 3102