トップページ > 学校経営

学校経営

令和2年度 学校経営方針

安心して学び,安心して託せ,安心して働ける学校づくり

宮城県教育委員会並びに石巻市教育委員会の教育基本方針と重点施策に基づき,

○ 児童のよさや可能性を生かし,持続可能な社会を担う創造性と実践力にあふれ,人間性豊かな児 童を育成する。

○ 地域と協働する学びの拠点として地域に根差した学校づくりを推進し,生きる力を育む教育活動 を行う。

○ 信頼される教職員を目指し,「寄磯小学校職員信条」を範として,互いの授業力を高め合い,全教 職員のチームワークで目標の実現に努める。
 

児童が「安心して学ぶ」とは

・「できた!」「わかった!」「伸びた!」「もっとやってみよう!」が実感できる楽しい授業づくりと適時適切な評価

・自己有用感や自己肯定感を高め,互いのよさを認め合う「明日来るのが待ち遠しい」学級経営

・小中9年間で育む学びの姿「おしかの学び」を意識した複式・少人数授業の充実と学力保障

保護者・地域が「安心して託せる」とは

・地域のよさや特性を十分に生かした,協働的な活動に積極的に取り組む「地域と共に歩む」学校づくり

・「子供たちの姿がよく見える」「学校のことがよくわかる」と保護者・地域に評価される,積極的な情報発信と共同体制

・地域や牡鹿地区の小中学校,諸機関と連携し,常に最悪の事態を想定した危機管理体制と事故対応体制

教職員が「安心して働ける」とは

・様々な課題や情報を共有し,組織で迅速に対応する,「共有・共感・共働」を大切にした組織づくり

・高いコンプライアンス意識や危機管理意識を基本にした不祥事や事故の防止体制づくり
 
・「学校における働き方改革」を推進し,心身の健康と事故防止を担保する適切な服務管理と業務の工夫・改善

令和2年度 教育活動充実に向けた6つのプラン

安心して学ぶ

【プラン1】確かな学力を身に付け,主体的に学ぼうとする児童を育てます。

・「間接指導」を工夫して複式・少人数授業を一層充実させ,主体的に学ぼうとする意欲と基礎学 力を身に付けた児童を育てます。

・牡鹿4校と連携して,少人数の学校が互いに学び合い高めあえる環境を整備し,牡鹿地区全体でみ やぎの志教育,石巻市子どもの未来づくり事業を推進します。

【プラン2】進んで挨拶ができ,互いを思いやることができる児童を育てます。

・寄磯小伝統の登下校時の挨拶をベースに,学校内外のどんな場面でも進んで挨拶や返事ができる児童を育てます。

・MLAの視点から,全校で仲良く遊んだり,協力して活動をしたりする場面をたくさん作り,自他のよさを認め合い,互いの気持ちや立場を思いやる心情を育てます。

【プラン3】自分の健康に関心を持ち,進んで運動に取り組む児童を育てます。 

・「カモメタイム」(特設の保健指導)を毎月実施しすることを通して,自分の健康課題の改善に進んで取り組む態度を育てます。

・学習カードや場の設定,時程の工夫により,学校で過ごす時間内の運動量を増やし,基礎体力を高めます。

安心して託せる

【プラン4】防災教育を継続・充実させ,安全・安心な学校をつくります。

・毎月11日を「防災の日」とし,防災教育副読本の活用を中心に防災教育を継続・充実させ,児童の「自助」意識を一層高めます。

・事故の未然防止のため,校庭・校舎の環境整備と保守・点検・修繕を進め,安全・安心な学校づくりに努めます。

【プラン5】家庭や地域との連携を深め,地域と共に歩む学校をつくります。

・地域の産業やよさを知る活動や地域の様々な方との交流活動などを継続・推進し,地域を愛し,地域とかかわり,地域のよさを表現できる児童を育てます。

・学校だよりの全戸配布,webページの公開・更新,学校関係者評価の実施と公表等で「開かれた学校」を目指します。

安心して働ける

【プラン6】児童に寄り添い,チームワークで児童を育てる学校をつくります。

・「複式・少人数授業」の充実を目指した校内研修や研修機会の確保等により,教職員の指導力の向上に努めます。

・児童の成長を積極的に支援するために,校内での報告・連絡・相談・確認・共有を徹底し,諸課題に迅速に対応します。

plan.jpg
 

  

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。