コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市議会 > 定例会・臨時会 > 令和2年 > 令和2年 第3回定例会 6番黒須光男議員に対する懲罰の件

令和2年 第3回定例会 6番黒須光男議員に対する懲罰の件

更新日:2020年11月16日

 令和2年第3回定例会において議員より提出された懲罰動議の取扱いについて掲載します。

件名

 6番黒須光男議員に対する懲罰動議

発議者

 阿部欽一郎議員、千葉眞良議員、渡辺拓朗議員、水澤冨士江議員

内容

 次の理由により、6番黒須光男議員に懲罰を科されたいので、地方自治法第135条第2項及び会議規則第148条第1項の規定により動議を提出します。

1 理由

 6番黒須光男議員の令和2年9月16日の本会議における発言、「復興住宅建設に伴い、架空工事8億2,000万円が発覚し、市長及び市幹部の加担が指摘され」「復興事業は、調べれば調べるほど官製談合のオンパレードなのです。」「鹿島建設による191億円の市魚市場建設工事及び71億円の最終処分場建設工事では、市幹部の動きは目に余るものがあります。」「政治家の暗躍ぶりが目立ちます。」「金を懐へともくろむ政治家たちと、それに加担して出世を狙う職員らの構図がはっきり見えます。」「亀山市政における復興住宅建設に伴う架空工事による不正な金は、どこに消えたのでしょうか。それに加担した職員の昇格ははっきりと目に映ります。」については、地方自治法第132条「普通地方公共団体の議会の会議又は委員会においては、議員は、無礼の言葉を使用し、又は他人の私生活にわたる言論をしてはならない」とする規定及び石巻市議会会議規則第139条「議員は、議会の品位を重んじなければならない」とする規定に抵触し、石巻市議会の品位を汚し、その権威を失墜させ、議会の秩序を乱した。

2 懲罰内容

2日間の出席停止

受理年月日

令和2年9月17日

付託年月日

令和2年9月18日

付託委員会

懲罰特別委員会

審議(審査)結果

令和2年9月18日本会議

正副委員長互選

令和2年9月20日懲罰特別委員会

審査

令和2年9月23日本会議

原案可決

弁明

令和2年9月20日 懲罰特別委員会

弁明の申出があり、起立全員で許可されました。

令和2年9月23日 本会議

弁明の申出がありましたが、賛成少数により否決されました。

このページへの問い合わせ

部署名:石巻市議会事務局
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
総務担当 6917
議事担当 6916
政策調査担当 6914