コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市議会 > 定例会・臨時会 > 令和2年 > 令和2年 第1回定例会 6番黒須光男議員に対する懲罰の件

令和2年 第1回定例会 6番黒須光男議員に対する懲罰の件

更新日:2020年11月16日

 令和2年第1回定例会において議員より提出された懲罰動議の取扱いについて掲載します。

件名

 6番黒須光男議員に対する懲罰動議

発議者

 渡辺拓朗議員、阿部欽一郎議員、千葉眞良議員、水澤冨士江議員

内容

 次の理由により、6番黒須光男議員に懲罰を科されたいので、地方自治法第135条第2項及び会議規則第148条第1項の規定により動議を提出します。

1 理由

 黒須光男議員の令和2年2月26日の本会議における次の発言「架空水増し工事と認められるものが計上されてきた」「利権さ絡んでいるからそんなこと言うんだろうG議員は(後藤兼位)」「こんな瑕疵ある議会運営はありませんよはっきり言って」「あなたはまぐれで部長になったんだがら」及び同年2月27日の本会議における次の発言「株式会社オオバ」「よく調べたら嘘だなこれ、架空だな」「寝ぼけないでくださいよ」「湊の水増しして、架空工事やって」「堀内、近江、後藤、みんな嘘ついてるんじゃないですか」「悪質な業者」は、地方自治法第132条「普通地方公共団体の議会の会議又は委員会においては、議員は、無礼の言葉を使用し、又は他人の私生活にわたる言論をしてはならない」とする規定並びに石巻市議会会議規則第139条「議員は、議会の品位を重んじなければならない」及び第141条「何人も、会議中は、みだりに発言し、騒ぎ、その他議事の妨害となる言動をしてはならない。」とする規定に抵触し、石巻市議会の品位を汚し、その権威を失墜させ、議会の秩序を乱し、円滑な運営を阻害した。

2 懲罰内容

8日間の出席停止

受理年月日

令和2年2月27日

付託年月日

令和2年2月28日

付託委員会

懲罰特別委員会

審議(審査)結果

令和2年2月28日本会議

正副委員長互選

令和2年3月6日懲罰特別委員会

審査

令和2年3月10日本会議

原案可決

弁明

令和2年2月28日 本会議

弁明の申出があり、全員起立で許可されました。

令和2年3月6日 懲罰特別委員会

弁明の申出がありましたが、否決されました。

令和2年3月10日 本会議

弁明の申出がありましたが、否決されました。

このページへの問い合わせ

部署名:石巻市議会事務局
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
総務担当 6917
議事担当 6916
政策調査担当 6914