コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 学ぶ・楽しむ・活動する > 文化 > 石巻市博物館 > 博物館イベント情報 > 石巻市博物館第8回企画展「牡鹿柵、桃生城と海道の蝦夷の反乱」開催

石巻市博物館第8回企画展「牡鹿柵、桃生城と海道の蝦夷の反乱」開催

更新日:2024年5月21日

石巻市博物館第8回企画展「牡鹿柵、桃生城と海道の蝦夷の反乱―神亀元年から1300年、宝亀五年から1250年―」を開催します

陸奥海道地方と呼ばれた古代石巻。
そこで繰り広げられた在地の蝦夷による二つの反乱にスポットを当てた企画展示です。

7世紀、畿内にあったヤマト王権は、645年の乙巳の変を経て、天皇を中心とする国を目指し、版図の確定や法制度の確立を進めました。
飛鳥時代、天皇を中心とする律令国家の東北辺に位置していた古代石巻地方は、仙台平野以北の蝦夷の地との境界にありました。
律令国家は蝦夷の地を掌握するために、軍事と行政の拠点である城柵を築き、国内から多数の移民を送り込みます。
こうした律令国家の政策に対して、在地の蝦夷は時に反乱を起こしました。
今から1300年前の神亀元年、1250年前の宝亀5年のことです。
本企画展示では、この二つの蝦夷の反乱に注目して、律令国家の政策と蝦夷の反乱の背景をひも解きます。

ロマンあふれる古代石巻の姿を、ぜひ会場でお確かめください。

第8回企画展「牡鹿柵、桃生城と海道の蝦夷の反乱」ポスター.jpg

会期

2024年6月1日 土曜日 から 7月21日 日曜日 まで

月曜日休館(月曜日が祝日の場合は翌日)

会場

石巻市博物館企画展示室(宮城県石巻市開成1-8 マルホンまきあーとテラス内)

観覧料

一般 600円 高校生 300円 小中学生 200円
(上記料金で常設展示室も観覧料できます)
(20名以上の団体は2割引き)

主催

石巻市博物館

監修

佐藤敏幸 氏(東北学院大学文学部非常勤講師・同大学博物館学芸員)

後援

tbc東北放送、ミヤテレ、khb東日本放送、仙台放送、NHK仙台放送局、河北新報社、三陸河北新報社(石巻かほく)、石巻日日新聞、ラジオ石巻FM76.4、一般社団法人石巻観光協会、一般社団法人石巻圏観光推進機構

関連イベント

講演会1「古代牡鹿郡の成立と神亀元年海道蝦夷の反乱

講師 佐藤敏幸 氏(東北学院大学文学部非常勤講師・同大学博物館学芸員)

2024年6月2日 日曜日 13時30分より15時まで

マルホンまきあーとテラス 小ホール
定員300名

予約不要・参加無料

講演会2「桃生城造営と宝亀五年の桃生城襲撃」

講師 永田英明 氏(東北学院大学文学部歴史学科教授)

2024年7月7日 日曜日 13時30分より15時まで

マルホンまきあーとテラス 小ホール
定員300名

予約不要・参加無料

    • 第8回企画展「牡鹿柵、桃生城と海道の蝦夷の反乱」チラシ表の画像

      第8回企画展「牡鹿柵、桃生城と海道の蝦夷の反乱」チラシ表

    • 第8回企画展「牡鹿柵、桃生城と海道の蝦夷の反乱」チラシ裏の画像

      第8回企画展「牡鹿柵、桃生城と海道の蝦夷の反乱」チラシ裏

    PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
    Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックしてリンク先から無料ダウンロードしてください。

    関連リンク