コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 事業者の方へ > 経済・産業 > 事業者の方へお知らせ > 新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について

新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について

更新日:2021年5月12日

新型コロナウイルス感染症拡大を防止するため、令和3年4月5日(月曜日)午後9時から令和3年5月6日(木曜日)午前5時までの間、県の協力要請に応じて、営業時間短縮を対象期間すべてにおいてご協力をいただいた飲食店等に対し、「新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金」を支給します。
 令和3年5月6日(木曜日)午後9時から令和3年5月12日(水曜日)午前5時まで協力要請期間が延長となりました。
なお、新型コロナウイルス感染症の拡大防止という趣旨を踏まえ、営業に当たり、業種毎に定められたガイドライン等を遵守し、感染防止対策に取り組んでいる飲食店等の事業者を支援対象とします。

1 協力要請期間

 令和3年4月5日(月曜日)午後9時から令和3年5月6日(木曜日)午前5時まで
 (延長分:令和3年5月6日(木曜日)午後9時から令和3年5月12日(水曜日)午前5時まで)


2 対象施設

食品衛生法上の営業許可を取得している以下の施設

1 接待を伴う飲食店

風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第1項第1号に該当する営業を行う施設

2 酒類を提供する飲食店(カラオケ店等を含む)

ただし従前より、午前5時から午後9時までの範囲で営業している施設は、要請対象外

 

3 支給対象者

以下、1から4までのすべてに該当する方が対象となります。

1 協力要請の対象区域内で対象施設(店舗)を運営していること

注1)令和3年4月4日以前から開業しており、対象施設(店舗)での営業の実態がある事業者が対象となります。また、申請時点において、対象施設(店舗)の営業を継続していることが必要となります。

注2)対象施設を運営している事業者の本社所在地が、石巻市以外である場合も対象になります。

2 営業時間短縮を対象期間すべてにおいて協力いただくこと

注3)「すべてにおいて協力」とは、令和3年4月5日(月曜日)午後9時から令和3年5月6日(木曜日)午前5時までの期間中、毎日(31営業日)、午前5時から午後9時までの時間短縮営業にご協力いただくことです。同一市町村で複数の対象施設を運営している場合は、すべての対象施設において時間短縮営業にご協力いただくことが必要です。1つでも要請に協力いただけない施設がある場合は、協力金の支給はできなくなりますので、同一市町村内のすべての対象施設での時間短縮営業にご協力をお願いします。
   延長分においては、令和3年5月6日(木曜日)午後9時から令和3年5月12日(水曜日)午前5時までの期間中、毎日(6営業日)時間短縮営業にご協力いただくこととなります。

注4)協力要請期間以前から、通常午後9時から翌朝5時を含む時間帯に営業していた接待を伴う飲食店または酒類を提供する施設(店舗)が、要請期間中、午前5時から午後9時の時間の範囲内で営業を行うことが要件です。協力要請期間以前から、通常午前5時から午後9時までの時間の範囲内で営業している施設(店舗)は、対象外となります。

注5)利用者に対して時短営業を知らせる貼り紙の写真や、SNSの写しなど時間短縮したことが確認できる資料などが必要です。

3 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、営業にあたり、業種ごとに定められたガイドライン等を遵守し、感染防止対策を徹底しており、県の「新型コロナウイルス対策実施中ポスター」の取得及び掲示等をしていること

注6)県の「新型コロナ対策実施中ポスター」を利用者が見やすい場所に掲示していただくことが必要です。また、掲示したことが確認できる写真が必要です。
時短ポスター
  ↑新型コロナ対策実施中ポスター(サンプル)

注7)県の「新型コロナ対策実施中ポスター」は「新型コロナ対策実施中」ポスター(飲食店用)(外部サイトへリンク)のページから申し込み及びダウンロードが可能です。

4 対象施設(店舗)において、営業に関する必要な許認可等を取得していること

注8)飲食店営業許可は必須です。

注9)許可証の記載事項(申請者住所、有効期間、屋号等)に変更がある場合は、所定の手続きをしたうえで有効な許可証をご準備ください。

4 支給額

  支給額:1施設当たり124万円(1日当たり4万円×31日間)
  (延長分支給額:1施設当たり12万円(1日当たり2万円×6日間))

上記の対象施設が、いずれかの期間において時短要請にご協力いただいた場合協力金を支給いたします。

注1)従前より、午前5時から午後9時までの範囲で営業している施設は、営業時間短縮の協力要請の対象外となり、協力金の申請はできません。

注2)感染状況に応じて要請期間が変更された場合には、変更された日数に応じて協力金支給額も変更となる場合があります。

 5 申請受付、支給等について

  

1 申請

協力金の交付を受けようとする事業者は、以下の書類を市長に申請してください。

(1)石巻市新型コロナウイルス感染拡大防止協力金交付申請書兼実績報告書(様式第1号)

(2)時間短縮営業を行った店舗情報シート(様式第1号別紙)
   次の3点が確認できるもの。
  ・営業時間短縮の実施について告知するチラシ等を店頭に貼り、お客様にお知らせしている様子を写真に収めたもの、
   店舗のホームページやSNSでお知らせしている様子のスクリーンショット等
  ・店舗の外観(店舗名が確認できるもの)写真
  ・宮城県発行の「新型コロナ対策実施中ポスター」を申請店舗に掲示している様子がわかる写真

延長分を併せて申請する際は、それぞれ様式が違いますので、別に書類を作成してください。


申請書類は、下記関連ファイルからダウンロードしてください。(延長分の様式は一部内容が異なりますのでご注意ください。)
ダウンロードできない方は、産業部商工課、各総合支所地域振興課及び各支所の窓口にて配布します。

 

2 添付書類

(1) 対象施設の運営に必要な営業許可書等の写し
 ア 飲食店営業許可書の写し
   (申請店舗分必ず提出が必要です)
 イ 風俗営業等営業許可証の写し
   (申請店舗のうち風俗営業等営業許可が必要な店舗は必ず提出が必要です)

注意 申請書等の内容と営業許可書の記載事項が異なる場合の特例
 ・申請者と営業許可名義が違う場合は、申請を受理できません。
 ・変更等の手続き中の理由で申請書と営業許可書の記載事項が異なる場合は、
  現在の営業許可書と名義変更等の手続きの受理を証明するものを併せて提出してください。
 ・営業許可書を紛失し再発行手続き中の場合は受理を証明するもののみを提出してください。 
(名義変更・更新・再発行等手続き確認先)
   飲食店営業許可書:石巻保健所
   風俗営業等営業許可証:各警察署生活安全課

(2) 別表に定める申請者(法人の場合は代表者)の本人確認書類の写し
【本人確認書類の例】
 ・免許証等
   有効期限内のものに限ります。両面コピーをとって提出してください。
 ・個人番号カード(マイナンバーカード)
   裏面にはマイナンバーが記載されているためオモテ面のみコピーをとって提出してください。
 ・在留カード、特別永住者証明書
   両面コピーをとって提出してください。
 上記のいずれも保有していない場合は、写真なしの本人確認書類を2つ提出してください。
  【例】・住民票の写し(3カ月以内取得のもの)
     ・各種健康保険証等の写し(両面)

(3) その他市長が必要と認める書類

延長分を併せて申請する際は、それぞれ別に書類を添付してください。
 

3 申請方法

 原則は郵送にて受け付けます。面談等により申請を行う場合は、新型コロナウイルス感染予防のため、事前予約(95-1111内線3523・3524)のうえ来庁願います。

 郵送先 〒986-8501 宮城県石巻市穀町14番1号
     石巻市産業部商工課新型コロナウイルス感染拡大防止協力金担当

 

4 申請期間

  令和3年5月10日(月曜日)から令和3年6月30日(水曜日)まで
  (延長分:令和3年5月14日(金曜日)から令和3年6月30日(水曜日)まで)

5 その他

  協力金の交付決定を受けた者が、営業時間を短縮していなかったことが判明したときは、協力金の返還をしていただきます。

 

6 よくあるお問い合わせ

ページ下部にある関連ファイルをご覧ください。

7 その他

  • 時短要請相談窓口:022-211-2332【受付時間 9時から17時】
  • 営業時間の短縮要請の期間中は、職員等が見回りや呼びかけ活動を行いますので、その際には、ご協力をお願いいたします。
  • 業種別のガイドラインを遵守するなど適切な感染防止対策を実施願います。

 


PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、左記の「Adobe Acrobat Reader」バナーをクリックしてリンク先から無料ダウンロードしてください。

関連リンク

このページへの問い合わせ

部署名:産業部 商工課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
商工担当 3526
企業支援担当 3524