コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 健康と福祉 > 高齢の方 > 介護保険 > 公費負担医療対象者の高額介護サービス費の算定誤りについて

公費負担医療対象者の高額介護サービス費の算定誤りについて

更新日:2022年5月25日

概要

介護保険制度では、被保険者が介護保険サービスを利用した際に1か月に支払った利用者負担額が一定の上限額を超えた場合、超えた部分の金額について「高額介護サービス費」として支給を行っています。
このたび全国の複数の自治体において、高額介護サービス費の算定システムに誤りがあったことが判明したため、本市においても算定誤りがないか確認を行ったところ、算定方法に誤りがあることが判明し、公費負担医療の対象となる方のうち一部の方について、高額介護サービス費が過少に支給されていました。
過少支給となった方にお詫びを申し上げますとともに、再発防止に努めてまいります。

対象人数・金額等(概算)

対象人数   9人
過少支給額  約63,000円 
対象者数および金額については、令和2年1月サービス利用分から令和3年12月サービス利用分の概算(速報値)であり、今後の確認作業によって変動する可能性があります。

今後の対応

システムの改修後、追加支給額の確定次第、速やかに追加支給を行います。

 

担当係名

指導給付係(内線2439)

このページへの問い合わせ

部署名:保健福祉部 介護福祉課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
保険料担当 2445
資格・介護用品担当 2445
保険給付担当 2439
地域包括支援センター担当 2444
介護予防担当 2437
訪問指導担当 2438
認定申請担当 2435
認定調査担当 2434
敬老会・老人クラブ・老人福祉センター担当 2456
緊急通報・外出支援・高齢者生活支援担当 2462
高齢者権利擁護・養老ホーム入所担当 2453