トップページ > 市民の方へ > 健康と福祉 > 子育て > 令和元年度(平成31年度) 石巻市特定不妊治療費助成事業

令和元年度(平成31年度) 石巻市特定不妊治療費助成事業

更新日:2019年05月08日

 石巻市では、不妊治療を受ける夫婦の経済的負担の軽減を図るため、特定不妊治療(体外受精又は顕微授精)及び男性不妊治療に要する費用の一部を助成しています。

 助成を希望される方は、石巻市への申請が必要となります。

 

[助成対象者]

 「宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業助成の決定を受けた夫婦」で以下のいずれにも該当する方が対象です。

  1. 夫婦または夫婦のいずれかが治療期間及び申請日において石巻市に住所を有する
  2. 平成31年4月1日以後に特定不妊治療を終えた方
  3. 市税に滞納のない夫婦
  4. 他の自治体で、同一治療期間の特定不妊治療の助成を受けていない夫婦

 

[申請の手続き]

 特定不妊治療が終了した日の年度内に、下記の書類を添えて健康推進課又は各総合支所保健福祉課に申請してください。
 (年度内に申請できない場合は、下記に連絡ください。)

  1. 石巻市特定不妊治療助成事業申請書 
    (注)下記関連ファイルよりダウンロードできます。
  2. 宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業承認決定通知書の写し
  3. 宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業受診等証明の写し及び特定不妊治療に係る領収証の写し
  4. 夫及び妻の住所が確認できる書類(3か月以内に発行された住民票等)
  5. 戸籍謄本(4の住民票により夫婦であることが確認できる場合は不要)
  6. 宮城県不妊に悩む方への特定治療支援事業申請書の写し
  7. 通帳の写し(印鑑もご持参ください)

 

 [助成内容]

  1. 特定不妊治療(体外受精又は顕微授精)

  2. 男性不妊治療

  • 1回の治療につき上限10万円まで。
   (注)それぞれの治療に要した費用から県の助成額を差し引いた額が10万円に満たない場合はその金額
  • 助成回数:最大通算6回まで。(妻の初回治療開始年齢が40歳以上の場合は、3回まで)

【不妊・不育のことで相談したいときには】

 不妊や不育に関することについて、医師や助産師が相談に応じます。

  • 不妊・不育専門相談センター  電話:022-728-5225(東北大学病院内)
  • 毎週木曜日の15時から17時 (注)年末年始、祝日を除く
  • 面接相談も電話予約の上、応じます
  • 秘密は固く守られます

 

このページへの問い合わせ

部署名:健康部 健康推進課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
予防接種・健診担当 2415
地域医療・総務担当 2416
歯科保健担当 2417
母子保健(乳幼児健診)担当 2423
精神保健担当 2421
成人保健担当 2425
栄養担当 2617

このページへの問い合わせ

【申請及びお問い合わせ先】
健康部健康推進課 電話95-1111(母子保健グループ 内線2423)
河北総合支所保健福祉課 電話62-2117
雄勝総合支所保健福祉課 電話57-2113
河南総合支所保健福祉課 電話72-2094
桃生総合支所保健福祉課 電話76-2111
北上総合支所保健福祉課 電話67-2301
牡鹿総合支所保健福祉課 電話45-2113