コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > くらしと仕事 > ごみ・リサイクル > 令和2年7月1日からレジ袋の有料化がスタートします

令和2年7月1日からレジ袋の有料化がスタートします

更新日:2020年06月26日
レジ袋有料化バナー


レジ袋の有料化について

プラスチックは、成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、製品の軽量化や食品ロスの削減など、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。

一方で、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ、地球温暖化などの課題もあり、私たちはプラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。

このような状況を踏まえ、全国でプラスチック製買物袋、いわゆるレジ袋の有料化がスタートします。

これは、普段何気なくもらっているレジ袋を有料化することで、それが私たちにとって本当に必要なものかどうかを考え、私たちのライフスタイルを見直すきっかけとすることを目的としています。

皆さんも、マイバッグの活用やごみの減量化に努め、地球環境に優しい生活を心がけましょう。


有料化の対象となるプラスチック製買物袋

  • 消費者が購入した商品を持ち運ぶために用いる、持ち手のついたプラスチック製買物袋。

    判断ポイント 対象 対象外
    素材 プラスチック 紙、布
    持ち手 持ち手がある 持ち手が無い
    商品を入れるか 袋の中身が商品 景品、試供品
    辞退できるか 消費者が辞退できる 袋が商品の一部
    別の法令で定められたもの(例:免税の袋)

 

有料化の対象外となるプラスチック製買物

  1. プラスチックのフィルムの厚さが50マイクロメートル以上のもの
  2. 海洋生分解性プラスチックの配合率100%のもの
  3. バイオマス素材の配合率が25%以上のもの


レジ袋有料化に関する問合せ先


消費者向け問合せ先事業者向け問合せ先


エコバッグを持って街に出よう。



PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

このページへの問い合わせ

電話番号:0225-95-1111
部署名:
生活環境部 廃棄物対策課(内線3373)
生活環境部 環境課(内線3368)