コンテンツにジャンプ メニューにジャンプ

トップページ > 市民の方へ > 学ぶ・楽しむ・活動する > スポーツ > 東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた取組み > 宮城県パラリンピック聖火フェスティバルにおける採火式を実施しました!

宮城県パラリンピック聖火フェスティバルにおける採火式を実施しました!

更新日:2021年9月1日

令和3年8月15日(日曜日)に、石巻市総合運動公園にて宮城県パラリンピック聖火フェスティバルにおける採火式を実施しました!

宮城県パラリンピック採火フェスティバルとは、県内参加自治体が採火した火を一つに集め、東京2020パラリンピック聖火の一部となる宮城県パラリンピック聖火を東京へ送り出すセレモニーです。

市内で配管工業を営む黒澤 健一 様の御協力の下、かんばろう石巻看板前に設置されている震災当時の被災地域から集めた木片によって灯した灯火を分けていただき、その灯火によって炬火台に点火した火を本市の東京2020パラリンピック聖火の種火としました。

パラ採火4  パラ採火3

炬火台への点火は、視覚に障がいのある方の自立支援を目的とした「一歩を楽しむ石巻」の代表である若山崇様、その御子息である若山拓真様、盲導犬のトラヴィスに御協力いただきました。

パラ採火5  パラ採火1  

点火いただいた火は、ランタンに納火し、令和3年8月16日(月曜日)に、仙台国際センターで行われた宮城県パラリンピック聖火フェスティバル「集火式」へ送り出しました。
集火式には、代表として本市出身で車いすバスケットボールチームの宮城マックスに所属する五十嵐 雄也 様に御出席いただきました。
式典の中で、他県内参加自治体が採取した種火と合わさり、宮城県パラリンピック聖火として後日、東京へ送り出されました。

パラ採火2  パラ採火




このページへの問い合わせ

部署名:復興政策部 東京オリンピック・パラリンピック推進室
電話番号:0225-95-1111
内線番号:4249