トップページ > 校長室 > できないのではない・・・・

できないのではない・・・・

更新日:2016年07月05日

カレンダーが7月になり、1年の半分が過ぎました。日差しは日増しに強くなっています。
 昨日、水泳指導の一環として「水の事故防止授業」が行われました。講師は赤十字救急指導員鈴木学さん(鹿又在住)にお願いしました。
 3年生以上が空のペットボトルを抱きかかえながら水に浮く練習をしていました。指導の中で、鈴木さんが子どもたちに向かって、「できないんではないよ。慣れていないだけ。慣れていないから怖く感じるんだよ。」と語りかけていました。この言葉は、多くのことに通じると思いました。子どもたちは大人に比べ経験が不足しています。だから「慣れていない」のです。だからこそいろいろなことに「慣れさせればいい」のです。「できることを増やす」ために継続することの大切さを話し続けていきたいと思います。
 浮き方の練習でも1回目より2回目浮くことができる子どもが増えていました。