トップページ > 校長室 > 1月25日 百人一首

1月25日 百人一首

更新日:2016年01月25日

  4年生は今、国語で百人一首を声に出して読む学習をしています。だいたいの意味を知り、五七五七七のリズムを感じながら、短歌の世界にひたることがねらいです。教科書には10首が紹介されています。私の一番好きな短歌は、紀友則の「久方の 光のどけき 春の日に しづ心なく 花の散るらむ」です。子ども達もそれぞれに好きな短歌があり、好きな短歌については暗誦するまでになりました。中には、10首すべてを暗誦している子どももいて、感心しました。声に出して読むことは老化を防ぐ上でも効果があるとか・・・。子ども達に負けないよう、私も10首すべてを暗誦できるようにがんばります。