トップページ > 学校だより > 学校だより(H27年3月号)

学校だより(H27年3月号)

更新日:2015年03月02日

『雪の女王』のようには うまく氷をあやつれない!

2月10日(火曜日)にスケート教室(3から6年生参加)が行われました。
はき慣れないスケート靴で氷の上を移動するのに,悪戦苦闘しながらも,子供たちは前へ前へ進もうと果敢にチャレンジしていました。
転んでは起き,起きては転び,友達を助けに行ったつもりが自分も転びと,スケート場の至るところで歓声があがっていました。
スケート教室が初めての3年生は,スケート靴の紐を結ぶということが,第1関門ですが,スケート教室4回目の6年生は,さすが余裕のある滑りをしている子供も多かったようです。
うまく滑ることができた子供も,おそるおそる滑っていた子供も,かなりの運動量で,スケート教室が終わるころには,「少しも寒くないわ!」とみんな胸をはってつぶやいていたことでしょう。
保護者の皆様には,活動費やバス代の集金,防寒具等の準備等にご協力いただき,ありがとうございました。

 150301スケート教室

中学校でもよろしく! 
ー3校(二俣小・大川小・大谷地小)交流会&立志式参加ー

 先週(19日),3つの小学校の6年生が二俣小学校の体育館に集まり,交流会が行われました。
今回は二俣小の先生が,海外青年協力隊としてガーナで活動を行った経験をもとに,海外青年協力隊の仕事やガーナの生活の様子等について,説明してくださいました。
後半は,3校混合グループでアクティビティ「世界がもし48人の村だったら」を行いましたが,子供たちはすぐに打ち解け,楽しそうに活動を行っていました。

また,20日には,河北中学校の立志式に参加しました。
先輩たちが,将来に向けての目標を堂々と発表する姿を見つめながら,6年生の子供たちも,「自分の将来」について思いをはせていたことでしょう。
4月には,この体育館で入学式が行われ,「中学校生活」という新しいステージの幕が開きます。
小学校で育んだ友情を大切にし,そしてさらに新しい出会いによって,交友関係や視野を広めていってほしいと思います。


150301交流会
 

キャップハンディ体験

20日に4年生の総合的な学習で,「キャップハンディ体験」を行いました。
車いすでの移動や車いすの補助の仕方など,福祉協議会の職員の説明を聞いた後,実際に車いすを使った体験活動を行いました。
また,目の不自由な方が使っている「白杖」について学び,どのようにサポートすればよいのかを実践を通して考えていくことができました。
体に障害があっても,それも一つの「個性」と捉え,「不自由さ」を少しでも排除したり,解消したりできるようにお手伝いしていこうという気持ちをもって,接していってほしいと思います。
体の不自由な方や高齢者の方はもちろんのこと,友達や先生,家族やどんな人に対しても相手の気持ちを考えた,おもいやりある言動について,常に考えさせていきたいと思います。

 150301キャップハンディ体験
 

上手にかけたね 気分はもう1年生

2月3日に新1年生の一日入学と保護者説明会がありました。
入学式に掲示する絵を描く活動がありましたが,クレヨンを使いながら,のびのびと『自分が好きな物』を描き上げていました。
入学式は,4月8日(水曜日)10時からです。元気な新1年生の声が響くのも,もうすぐです。

 

150301一日入学

生活目標 ○1年間のまとめをしよう
保健目標 ○耳を大切にしよう
○1年間の健康生活のまとめをしよう
給食目標 ○給食の反省をしよう
安全目標 ○安全なくらしについて,1年間の反省をしよう

 

☆今月の五・七・五☆ 「きらきらと かがやく雪が おどってる」 2年女子児童