トップページ > 学校だより > 学校だより(H26冬休み号)

学校だより(H26冬休み号)

更新日:2014年12月22日

家族との触れ合いを大切に     大谷地小学校長 

この2学期は,大きな事故もなく,子供たちは楽しく充実した学校生活を送ることができました。
保護者の皆様,そして地域の皆様のご協力に心から感謝申し上げます。

本日,2学期の終業式を行ないました。
凜とした姿勢で式に臨む姿から,子供たちの成長を感じました。
学芸会や持久走大会など多くの行事がありましたが,子供たち一人一人がめあてを持ち,それに向かって粘り強く努力したことをうれしく思います。

今日12月22日は冬至です。
冬至は,日本から太陽が最も遠くなり,1年間で夜が一番長い日です。
ということは冬至の翌日からは少しずつ昼の長さは長くなっていくわけです。
これからが寒さの本番を迎えますが,春に向かっているのだと知ると気持ちが明るくなります。

カボチャは冬至の頃に食べると風邪をひかないと昔から言い伝えられていました。
カボチャは夏の暑い時期に作られます。
昔は寒い冬にはあまり野菜が取れませんし,保存できる野菜も少ないのですが,カボチャは長い期間保存していても栄養が失われにくいので大切に保存しておいて食べたそうです。
昔の人のすばらしい知恵があったのですね。

このほかにも冬至には,「ゆず湯」に入るという風習も伝わっています。
これもゆずの良い香りで気持ちよくお風呂に入っていると体を温め風邪をひきにくくしてくれるといいます。

このように昔の人は食材にカボチャを取り入れたり,生活の中にゆずを取り入れたりして楽しむとともに,寒さを乗り切るための工夫をしながら生きてきました。

子供たちが楽しみにしている冬休みが始まります。
年末年始の様々な行事の体験を通して,地域社会の一員としての自覚や家族との触れ合いを深めていただきたいと思います。
そして,来年も明るく幸せな年になりますことを心からお祈りします。
1月8日には,元気いっぱいの子供たちと会えることを楽しみにしています。

冬の浅間は胸を張れよと父のごと(加藤楸邨)

 

みんなで食べるとおいしさ倍増

12月9・10日に10月に収穫したサツマイモを使って,焼き芋を作りました。
両日とも寒い日でしたが,焼き芋を焼いた残り火を囲みながら,あつあつでほかほかの焼き芋を頬張り,大満足のようでした。
焼き芋が出来上がるまでの火の管理は,用務員さんが行ってくださり,程よい焼き上がりに仕上げてくれました。

やきいも

ケータイ安全教室

PTA教養部・家庭教育学級共催事業「第2回学習会・ケータイ安全教室」が11月18日に行われました。
NTTドコモから講師の方2名が来てくださり,携帯電話関連の安心・安全な使い方,スマートフォン利用時の注意点やトラブル事例などについてビデオなどの映像を使いながら分かりやすく説明していただきました。
自分用の携帯やスマートフォンを持っている本校の児童は多くはありませんが,おうちの方の物を借りて使っているうちに,トラブルに巻き込まれてしまうこともあります。
インターネットを含めて,各家庭で約束事をしっかり決めて,上手に活用していってほしいと思います。

ケータイ安全教室

入選おめでとうございます!

【奥の細道 全国俳句大会】
入選 「ひまわりに おいこされちゃった 私の背」 3年女子
入選 「走っても 昼寝をしても 汗をかく」 3年男子
 

☆2014年 午年 最後の五・七・五☆

「おはようが 元気にひびく 朝の会」 3年女子