トップページ > 学校の概要 > 5つの目指す学校像に迫るために

5つの目指す学校像に迫るために

更新日:2013年09月27日

1 学ぶ楽しさ,分かる喜びを味わい,子どもが輝く学校

  1.  様々な能力[思考力・判断力・表現力など]の基盤となるのは,言語の能力であり,その育成のため,音読・暗唱・漢字の読み書き,読書による読解力など基本的な力を定着させます。
  2.  様々な問題に対して何が課題であるかを見いだし,自ら調べ,考え,主体的に判断したり,表現したりすることを重視した問題解決的な学習活動や体験的な活動を各教科や総合的な学習の時間に積極的に取り入れます。
  3.  学級での一斉指導の他に,TT指導(少人数指導)や個別指導等を通して,児童が学ぶ楽しさ,分かる喜びを実感できる指導を目指します。 

2 花・歌声・あいさつがいっぱいの明るく元気な学校

  1.  春や秋の緑化活動や「クリーングリーンタイム(業前活動)」を通して,校舎前学年花壇や学校教材園を季節の花で彩ります。
  2.  音楽の時間,朝や帰りの会,そして音楽集会や学芸会を通して,教室や音楽室,体育館から,児童の元気な歌声が聞こえるようにします。
  3.  生徒指導の年間重点目標の一つに「進んであいさつをしよう。」を掲げ,年間を通してあいさつの指導を進め,校舎内外にあいさつが飛び交うようにします。 

3 出会い・触れ合いを通して,一人一人の児童を大切にする学校

  1.  児童一人一人の存在をかけがえのないものとして大切にすることにより,児童が自己存在感をもてるように配慮します。
  2.  異年齢でのたてわり活動を重視し,思いやりの心や責任感を育てていきます。
  3.  児童理解に努め,小さな前進でも認め,成長を共に喜び,児童との信頼関係をつくっていきます。
  4.  総合的な学習の時間や大谷地フェスティバルなどで,地域の人々との出会いや触れ合いの場面を数多く設定します。 

4 点検や清掃が行き届き,安全できれいな学校

  1.  日直の教職員や教頭は,朝と夕方,校舎を巡視し,安全を確認します。
  2.  毎月,全教職員で分担し,安全点検簿を持ち,校舎内外の安全点検を行い,危険な箇所はないか確認し,破損箇所等があれば修繕を行っています。
  3.  教職員による交通安全街頭指導や定期的に下校指導を行っています。また,風の強い日や一人で下校する児童がいる場合,地区担当の教員や担任は,追走して安全に下校できるようにします。さらに,PTAの方々のボランティアで,12学期中,「防犯パトロール」をしていただいております。
  4.  避難訓練(地震,津波,不審者,火災)や災害時の児童引き渡し訓練を通して,児童の生命を守る取組を実施します。
  5.  不審者情報が入った場合,または,児童の安全を守るため,必要な情報を提供します。 

5 家庭・地域に開かれた信頼される学校

  1.  1年間に4回の学習参観日と2回のフリー参観日を設定し,児童の活動の様子を見てもらう機会を設けます。また,学校行事等のねらいや活動の様子をホームページや学校だより,学級通信で家庭に知らせ,学校や学級の経営方針や教育活動など学校運営の情報提供に積極的に努めます。
  2.  また,学校だよりについては,各地区の行政委員さんを通じて,学区内の全地区に回覧してもらい,地域の方にも,学校の教育活動をお知らせします。
  3.  家庭訪問や教育相談会,学級懇談会や地区懇談会など様々な機会において,保護者や地域の方々の願いに耳を傾け,期待に応え,信頼される学校づくりに努めます。
  4.  生活科や総合的な学習の時間,田植えや稲刈り,大谷地フェスティバルなどの学校行事において,地域の方々の優れた技術や能力をお借りし,学校教育に積極的に参加していただくとともに,学校に対する理解を深めてもらっています。