トップページ > 市民の方へ > 自然・ペット・農業 > 農林水産業 > 水産業 > 第9次漁港整備計画の概要

第9次漁港整備計画の概要

更新日:2013年03月18日

石巻漁港の整備方針

 本港は、本県ばかりでなく全国的にも水産振興上特に重要な基幹漁港としての役割を果たしている特定第3種漁港です。
 本長期計画においては、漁港施設の新設及び既存施設の改良を行い、漁港機能の充実を図るとともに、環境に配慮した施設の整備を行います。
 また、背後地の水産関連施設整備を推進し、水産流通加工拠点港としての漁港を整備します。

計画の内容

 漁船が漁獲物を陸揚げした後の準備・休けい岸壁が不足しているため現在建設中の西地区係留施設の早期全面供用開始を図ります。そのため、西防波堤及び係留施設を併行して建設します。

 魚市場から発生する血水及びその他雑排水処理施設の建設と、泊地底泥の浚渫による水域環境整備を行い、漁港環境の向上を図ります。

 漁港周辺の自然環境や景観に考慮した公園を西地区に設け、県民と漁港のふれあいの場を整備します。

石巻漁港計画平面図の画像
石巻漁港計画平面図

お問い合わせ先

部署名:産業部 水産課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
水産振興担当 3519
加工流通担当 3514
漁港担当 3518
水産物地方卸売市場管理事務所 0225-96-1021

担当グループ名

漁港グループ(内線3516~3518)