トップページ > 牡鹿半島の未来をえがこうオープンラボ

牡鹿半島の未来をえがこうオープンラボ

更新日:2014年10月10日
日程2013年4月29日(月曜日・祝日)
13時30分から16時まで 開場13時
電話番号022-722-2874
開催場所石巻市立大原小学校
住所:宮城県石巻市大原浜大光寺1
問合せ先環境省 東北地方環境事務所 国立公園・保全整備課
電話番号:022-722-2874
メールアドレス:info@oshikaopenlab.com
FAX:022-722-2872

牡鹿半島の未来をえがこうオープンラボ

国立公園化に向けて、牡鹿半島の未来をみんなで一緒に考えるイベントを開催いたします。

<プログラム(予定)>
1.ご説明:「三陸復興国立公園」計画の内容と今後の動き

2.テーマ別プレゼンテーション

 ●「金華山道」の歴史と再生利用の可能性とは(仮) 貝島桃代(一般社団法人アーキエイド/筑波大学准教授)

 ●鮎川浜での拠点整備とアクティビティの考え方(仮) 小嶋一浩(一般社団法人アーキエイド/横浜国立大学大学院Y-GSA教授)

 ●牡鹿半島の流域管理・環境保全がもたらすもの(仮) 岸由二(NPO鶴見川流域ネットワーキング代表理事/慶応大学名誉教授)

 ●国立公園化をキッカケとした新しい観光・産業のチャンス(仮) 古田秘馬(株式会社umari代表/プロジェクトデザイナー)

3.テーマ別グループディスカッション

4.全体意見交換会
 ファシリテーター:山崎 亮(studio-L代表/京都造形芸術大学教授) 
                                               
 敬称略

<お申し込み>
お名前、住所、所属(会社名もしくは団体名)、参加人数、電話番号、メールアドレスをご記入の上、メールもしくはFaxにてお送りください。

メールアドレス:info@oshikaopenlab.com
FAX:022-722-2872

周辺案内図

※地図はドラッグ操作でスクロールします。

関連ファイル

Get Adobe Reader

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。

Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ先

部署名:産業部 観光課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:3538