トップページ > 市民の方へ > 健康と福祉 > 健康・医療 > 感染症情報 > デング熱についてのおしらせ

デング熱についてのおしらせ

更新日:2014年09月11日

 平成26年8月27日以降、東京都等において国内感染が疑われる症例が発生していますが、現在、宮城県内での発生は報告されていません。

デング熱は蚊を介して感染するもので、ヒトからヒトに直接感染する病気ではありませんので、県内で感染が拡大する可能性は低いと考えられますが、ウイルスを保有する蚊に刺された場合は、2日から15日後(多くは3日から7日)に発熱、頭痛、目の痛み、関節等の症状が見られます。そのような症状がある場合は、早めに医療機関を受診してください。
 屋外の蚊が多くいる場所で活動する場合は、でぎるだけ肌を露出せず、虫よけ剤を使用するなど、蚊にさされないよう注意してください。

デング熱についての最新の情報や詳しい内容は、厚生労働省、国立感染症研究所または宮城県のホームページに詳しく掲載されておりますので、下記関連リンクをご覧下さい。

関連リンク

お問い合わせ先

部署名:健康部 健康推進課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
予防接種・健診担当 2413
地域医療・総務担当 2416
歯科保健担当 2417
母子保健(乳幼児健診)担当 2423
精神保健担当 2421
成人保健担当 2425
栄養担当 2427