トップページ > よくある質問 > 手続きと相談 > 固定資産税 > 固定資産税以外に土地や建物などにかかる税金には、どのようなものがあるのでしょうか?

固定資産税以外に土地や建物などにかかる税金には、どのようなものがあるのでしょうか?

更新日:2013年03月08日
固定資産税以外に土地や建物などにかかる税金には、どのようなものがあるのでしょうか?
土地や建物などにかかる税金には、次のような種類があります。 (国・・・国税、 県・・・県税、 市・・・市税)
  • 取得した時
     (1) 県 不動産取得税(土地又は家屋を取得した時)
     (2) 国 相続税(土地や建物などを相続した時)
     (3) 国 贈与税(土地や建物などの贈与を受けた時)
     (4) 国 登録免許税(土地や建物を登記する時)
     (5) 国 印紙税(土地や建物の売買契約書、請負契約書を作成した時)
  • 持っている時
     (1) 市 固定資産税(土地・家屋及び償却資産)
     (2) 市 都市計画税(土地及び家屋)
  • 貸した時
     (1) 国 所得税(不動産所得)
     (2) 市・県 住民税(不動産所得)
  • 売った時
     (1) 国 所得税(譲渡所得に対して)
     (2) 国 印紙税(売買契約書に対して)
     (3) 市・県 住民税(譲渡所得に対して)

お問い合わせ先

部署名:財務部 資産税課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
土地担当 3124
家屋担当 3115
償却資産担当 3125