トップページ > よくある質問 > 手続きと相談 > 減価償却が終了した償却済資産についても固定資産税の課税客体となりますか。

減価償却が終了した償却済資産についても固定資産税の課税客体となりますか。

更新日:2013年01月09日
減価償却が終了した償却済資産についても固定資産税の課税客体となりますか。
法人税法または所得税法においてその耐用年数を経過し、減価償却を終了し帳簿上は取得価格から減価償却可能額を控除して残った金額のみが計上されている償却済資産についても、現に事業の用に供することができる状態にある限りは、償却資産税の課税客体となります。

お問い合わせ先

部署名:財務部 資産税課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
土地担当 3124
家屋担当 3115
償却資産担当 3125