トップページ > 市民の方へ > 手続き > 税金 > 軽自動車税 > 軽自動車税とは

軽自動車税とは

更新日:2015年11月17日

  毎年4月1日現在、原動機付自転車・軽自動車・小型特殊自動車及び二輪の小型自動車の所有者に対して課せられる税金です。
 軽自動車税は年度を通しての課税ですので年度の途中で廃車や名義変更があった場合でも還付はされません。なお、年度の途中に登録した場合は翌年度から課税されます。

納期

 軽自動車税の納税通知書は毎年5月1日以降逐一発送します。
 納期は毎年5月末日です。
 
(注)5月末日から6月上旬に車検有効期限を迎える車の軽自動車税を口座振替で納められている方へのお願い
 車検用の納税証明がお手元に届く前の、6月1日から6月15日頃までの期間に車検有効期限を迎える軽自動車をお持ちの場合は、口座振替されたことが確認できる通帳等をお持ちになり、市役所市民税課、もしくは各支所及び各総合支所の窓口で車検用納税証明をお取りいただいた上で車検を受けていただく必要があります。

税額

 平成28年度より軽自動車税が改正されます。

原動機付自転車、小型特殊自動車、二輪車等の税額

 地方税法の一部改正により、平成28年度から原動機付自転車、小型特殊自動車、二輪車の税額が引き上げられます。

車種区分 税率(年額)
現行 改正後
原動機付
自転車
50cc以下 1,000円 2,000円
50cc超90cc以下 1,200円 2,000円
90cc超125cc以下 1,600円 2,400円
ミニカー(50cc以下) 2,500円 3,700円
軽二輪(125cc超250cc以下)
ボートトレーラ等
2,400円 3,600円
二輪小型(250cc超) 4,000円 6,000円
小型特殊
自動車
農耕作業用 1,600円 2,400円
その他(フォークリフト等) 4,700円

5,900円

 

三輪及び四輪以上の軽自動車の税額

 平成27年4月1日以降に初度検査を受けた車両から新税率が適用されます。
 また、初度検査登録から13年を経過した車両は平成28年度から重課税率が適用されます。

車種区分 税率(年額)
初度検査日が平成27年3月31日以前の車両(旧税率) 初度検査日が平成27年4月1日以後の車両(新税率) 初度検査から 13年経過した車両
(重課税率)
四輪乗用 営業用 5,500円 6,900円 8,200円
自家用 7,200円 10,800円 12,900円
四輪貨物 営業用 3,000円 3,800円 4,500円
自家用 4,000円 5,000円 6,000円
三輪 3,100円 3,900円 4,600円

 

 重課税率について

 初度登録から13年を経過した車両には重課税が適用されます

初度検査年月 重課税率適用開始年度
平成14年以前 平成28年度
平成15年 平成29年度
平成15年10月から平成16年3月まで
平成16年4月から平成17年3月まで 平成30年度
平成17年4月から平成18年3月まで 平成31年度
平成18年4月から平成19年3月まで 平成32年度

 初度検査年月に関しては、車検証の「初度検査年月」欄を確認してください。

軽自動車税のグリーン化特例

 平成27年4月1日から平成28年3月31日の間に初度検査を受けた三輪及び四輪の軽自動車はその燃費性能に応じて、平成28年度に限り、軽課税率が適用されます。

車種区分 税率(年額)
1.電気自動車等 (概ね75%軽減) 2.ガソリン車・ハイブリッド車 (概ね50%軽減) 3.ガソリン車・ハイブリッド車 (概ね25%軽減)
四輪乗用 営業用 1,800円 3,500円 5,200円
自家用 2,700円 5,400円 8,100円
四輪貨物 営業用 1,000円 1,900円 2,900円
自家用 1,300円 2,500円 3,800円
三輪 1,000円 2,000円 3,000円
  1. 電気自動車・天然ガス軽自動車(ポスト新長期規制からNOx10%低減)
  2. 乗用車:H32年度燃費基準+20%達成車 貨物車:H27年度燃費基準+35%達成車 
  3. 乗用車:H32年度燃費基準達成車 貨物車:H27年度燃費基準+15%達成車
    各燃費基準については、自動車検査証の備考欄に記載されております。

お問い合わせ先

部署名:財務部 市民税課
電話番号:0225-95-1111
内線番号:
個人市民税担当 3097
特別徴収担当 3093
法人市民税担当 3099
軽自動車税担当 3101
証明担当 3102